チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


足は第二の心臓、健康のために、うまく使えていない人が多いです。

こんにちは

見本市の出展者を応援している
見本市ブログです。

今回は

株式会社 BMZ をご紹介いたします。

株式会社 BMZ は シューズEXPOの展示会に3日間出展されました。

 

国際フアッションワールド(ブランド)が東京ビックサイトで3日間開催されまた。

 

 

スポンサーリンク



 

 

浮き指状態とはどういうことか

 

足を実際にはうまく使えていません。

多くの人が「浮き指」という状態にあります。

 

 

 

なぜ‽

一般的なシューズはつまづきを少なく
するために「かかとで着地し、
つま先で蹴り出すあおり運動」を
スムーズにするよう設計されています。

 

 

 

ですがそれでは足の指が上を向き浮いてしまう「浮き指」状態になって
しまいます。浮き指の状態では、足の指の筋肉がうまく使えていないのです。

 

それならどうすればいいの?靴の中に入れるインソールで解決するのです。
それをアシトレが答えです。

 

アシトレってなに?「足本来の機能を取り戻す」靴に入れて過ごすだけで
トレーニングになる。ながらトレーニングインソールそれが「アシトレ」です。

 

靴にインソール(中敷き)をいれるだけで、いつもの生活の中でうまく
”足を使える”のが「アシトレ」。

 

通勤しながら、買い物しながら、デートしながら、足の筋肉がしっかりと
トレーニングできます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アシトレ3っのポイントポイント1フォースパッド

「浮き指」を解消!さらにクッションで長時間履いてもつかれにくい!

 

ポイント2キュボイドサポート

足の外側にある「立方骨」を支えることで働きやすい正しい姿勢に!

 

ポイント3カルケニアスパッド

立法骨+踵骨前部を支えアーチをサポートし、
靴の中でも足指が使える環境に!

 

”ながら”トレーニングを可能にした2つの違い

 

現代のシューズはつま先が上がったタイプが主流です。
足指が使えず、足の筋肉が運動出来ません。

 

そこで「アシトレ」は足指で地面をつかめ、さらに足の外側にある
立法骨を支える形状に、快適に歩きながら自然に足指をつかうので、
”ながら”トレーニングができるのです。

 

こんなに違うアシトレとこれまでのトレーニング

 

運動時の姿勢や、使われている筋肉の違いをしらべました。
アシトレでは姿勢がピンと伸び、それによってこれまでの
トレーニングでは使われていなかった下半身の筋肉が活発に
動いているのが分かります。

 

足をうまく使うことで、脚もスッキリ細く、疲れにくくなる効果も
期待できるのです。

 

さあ、アシトレで足が使えるようにしましょう。

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

出展企業の案内

立法骨インソールで世界を変える

株式会社 BMZ

〒379-1315 群馬県利根郡みなかみ町上津1093-4

☎ 0278-62-0928        FAX:0278-25-9121

お問い合わせ :E-mail:common@bmz.jp

UR Lはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

PAGE TOP