「免疫力」ではガンを防げない、免疫系ではガンを排除できない。

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

免疫療法=詐欺師!?

 

「いつも笑っていると免疫力が上がって、ガンにならない」「この食品」で免疫力を
高めてガンを防ごう」「人間の体には1日5千個のガン細胞が生れるが、

 

免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれている」・・・」まるで、
免疫力さえ強化すればガンを防げるような言説が広まっています。

 

すべて何のきっしょうも実証もない、「見てきたようなウソ」です。

 

 

大学病院でもおこなわれている、「免疫細胞療法」も同じです。欧米の医学界では、
「ガンに対して、免疫力を強化しても無意味。効果なし」というのは常識です。

 

免疫細胞療法は見向きもされないどころか、免疫と名のつく療法で患者を集める医者は、
詐欺師扱いされます。なぜなら免疫細胞は、外から入ってきた異物を敵と認識してたたく
のですが、ガンは自己細胞が変異したものです。

 

人間の免疫システムが、ガン細胞を敵とみなさないからこそ、ガンは発生したのです。

 

免疫を強化するという「免疫治療」は原理的に成り立ちません。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

ガン細胞とは約2万3千個の遺伝子をもつ細胞が、複数の遺伝子の突然異変によって、
ガン化されたものを言います。

 

ガン病巣には、直径1ミリに育った段階で、約100万個のガン細胞があります。

 

本物のガンならそれ以前に血液にのって、あちこちに転移しています。

 

0,1ミリでも転移する能力があるほど、ガン細胞は強力です。

 

分子生物学の研究が進んで「ガンは当初から移転する能力がある。

 

ガンが大きくなってから移転するという説は間違い」と判明しています。

 

今の医学でどんなに「早期」にガンを発見できても、直径1センチ前後から。

 

そのときすでに、ガン細胞は最低でも10億個に増えて、とっくに転移も終えています。

 

世間でいう「早期ガン」は、ガンの一生の中では熟年にさしかかっているんです。

 

免疫細胞は、「非自己」と認識した異物をつぶす細胞です。

 

ガンが直径1センチという大きさになって発見されるのは、NK細胞が、
ガン細胞を「非自己」として見分けられなかったということです。

 

これが「免疫系ではガンを排除できない」ことの、動かしがたい証拠です。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました