チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


医者から薬をもらう週間はいけません、日本と欧米医療はここが違う

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

日本と欧米の医療はここが違う

 

オランダ駐在から戻ってきた人が、医療が日本と
あまりに違うので仰天した、と言っていました。

 

子供が熱を出したので家庭医につれて行ったら、「家に帰って体を冷やしなさい。

 

3日して熱が下がらなかったら、またいらっしゃい」。

 

ただそれだけで、解熱剤も抗生物質もほかの薬も、まったくくれなかったそうです。

 

日本の医療は”フリーアクセス”といって、保険証1枚で、だれもが日本全国
どこの開業医へ行っても、どこの大学病院へ行っても構わないというシステムです。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

一方、欧米には”家庭医”がいます。

 

内科、小児科、外科、さらにお産までできるトレーニングを積んだ家庭医に、
最初に診てもらった上で、必要があれば専門医のもとへ行く、というシステムです。

 

特にオランダは家庭医と専門医のすみ分けがはっきりしていて、
薬もなるべく使わない方針です。

 

日本は真逆です。

 

抗生物質ひとつとっても、風邪のウイルスには無意味なのにどんどん出す。

 

手術のときも、術前に1回使えば十分というエビデンス(根拠)を無視して、
今でも「術後の感染予防のため」と言っては、何日も抗生物質を点滴し続けています。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP