団塊世代「年賀状は来たら出す!」若い現役の人が使うツール定年後は整理整頓

 

 

 

年賀状は来たら出す

 

年賀状は形骸化しているのが現状ではないでしょうか。

 

私のところには今でも100通ほど来ますが、

そのほとんどは仕方ないから出しておく程度のものです。

 

年に一回どころか、10年20年30年と全く会ってもいない

友人から年賀状がきますので、こちらも出します。

 

どこか、次に来ないと困るという気持ちもあり、

惰性で出しているような気がしますが、これからの人生に

どれだけの必要があるのでしょうか。

 

「生存通知」というのがぴったりであり、年に一回の年賀状が

どれだけの価値があるのか疑問です。

これは何も高齢者だけの問題ではありません。

 

「やめたいけど来るので仕方なく出しているという人は

若い年齢でもたくさんいます。

 

Gooリサーチの調査では「年賀状は出さない」という

人が増えてきており、全体でも13%という数字が出ています。

 

今の時代にあった考え方を

 

年賀状を出したくない人への方法として、出したくない人には、

「来たら出す」とうことをやっていると、来なくなるといいます。

 

来なくなれば次に出さなくて済むので、この方法でやっていると、

自然に整理され、無駄な虚礼の年賀状のやり取りは次第に減って行きます。

 

スポンサーリンク

 



 

定年後は改めて良いと思います。

 

そういう私も先方から、切られてしまった例もいくらでもあります。

 

切られたとしても、今後お付き合いする機会も多分

ないだろうと思うならば、無駄なことをしているわけであり、

淘汰されていくのが自然と言えるのです。

 

まして、日頃、連絡は一切ないし、こちらもしない。

 

年賀状は若いとき、現役のツール

 

つながりは全くなくてかこにかかわった形跡があっただけ。

 

というのをごまかしながらやっているのは

好ましいことではないと考えます。

 

年賀状は若いとき、現役でこれからいろいろ

発展していくときのツールであり、

 

定年後は、整理整頓して、「自分がしたい」ということや

興味だけに限定した習慣を持つべきなのです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました