チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


団塊世代「老人が健康に暮らすためには目的・目標を持つ」ことが大切です。

 

「ここまでにする」目標を持つことが大事です

 

 

団塊世代高齢になれば、いかなるときに最期を迎えるか

ということは、予測はできません。

 

しかし、健康診断を定期的に行い、鍛えることで、

90歳まで頑張るというような目標は持てるはずです。

 

作家の曾野綾子さんは『老いの才覚』(ベスト新書)で

「老人が健康に暮らすためには目的・目標を持つ」

との大切さを書いています。

 

私にはゴルフで「100を切る」、「飛距離を出す」、

最後にエージシュートをやる」というような目標があります。

 

69歳から始めたゴルフはドライバーの飛距離(220ヤード)も、

アイアンも確実に方向性が増し、飛距離も伸びています。

 

この歳で始めた私でもそうです。

団塊世代早々に老いることはしたくないのです、

食事と睡眠に気を付けながら、継続的に

運動をしていきたいと考えているんです。

 

果たしてどこまでできるかは定かではないし、

お笑いになる人も多いと思います。

 

でも、目標ですから、できなくても誰にも迷惑はかけません。

 

スポンサーリンク

 



 

 

何となく生きるというのではなく、老いてきたら体を動かして、

「ここまでにする」という課題を自分に課すことが大切なのです。

 

テニスでも、ボーリング、マラソン、ダイビング。なんでもOKです。

 

自分なりの目標を持ってください。

 

このように何であれ、体を鍛える目標を持つならば、

元気で楽しい人生が送れるし、元気であれば病気の

治療費も少なくて済むので経済的です。

 

今からでも十分に間に合いますので、

心肺能力の強化のための運動は、

ぜひとも挑んでほしいのです。

 

自分はあまりスポーツに向いてないという人は、

「目標と達成」という意味ではなんでもいいと思います。

 

団塊世代でもやれますよチャレンジ精神を持ちましょう

 

団塊世代でもやれますよ、あまり詳しくはなかった

パソコンソフト「ワード」や「エクセル」について学び、

資格を取ろうというのもいいと思います。

 

私の知り合いはこれをやって一級の資格をゲットした結果、

70歳近くになっても仕事が舞い込んで忙しいと言っていました。

 

今はやりのカメラ雑誌に投稿して、常連になている人もいます。

「これがいいな」というのを選んでください。

中途半端ではなく「一流」を目指すのが理想なのです。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

PAGE TOP