団塊世代「身の丈で生きよ!」見栄を張って無理して浪費をして失敗しました。

 

 

 

身の丈で生きるのがいい

 

「見栄は張らない」ということは、実は私自身の反省でもあります。

 

妻を亡くしたのが60歳を過ぎてからですが、

それからというものは寂しさのあまり、

結婚相談所に飛び込んで、さまざまな女性との見合いを重ねて、

寂しさを紛らわす毎日が続きました。

 

家に一人でいると気持ちが沈んでいくので、誰かと会っているときを

多くしておくことでその時間を短縮していたわけです。

 

友人や知人が、この心の病んだ私をそうはいつでも相手にはしてくれません。

 

こうなると、人間は正常心を失い、航行不能の状態になるようです。

 

そのころ私が行った浪費は、見合いの度に相手の女性に

フルコースの食事をご馳走して、一時の楽しい時間を持つことでした。

 

結婚するとか、好きだということになる前にそこまでする必要はないのですが、

私は見栄を張ったのでしょうか。いつもそうしていたような気がします。

 

さらに、決定的に決まったわけでもないのに、エンゲージリングを

プレゼントして、あとで断られてむだになったことも何回かあります。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

娘の将来も心配だったので、「私は結婚しない」というのを真に受けて、

それでは家は借りていないで自分のマンションを持ちなさい、

ということで私の有り金をはたいて

 

娘にもローンを組ませて1LDKのマンションを買ったこともありました。

 

娘は間もなく「お父さん、結婚します」と言いだして、

「なんだ、もっと早くいってくれ」といっても後の祭り。

 

「そのときは決まっていなかったんだ」と反論される始末。

 

おかげで、肝心の結婚式に出してあげるお金がほとんどなく、

恥をかいてしまいました。

 

こんな私の失敗を参考にしていただいて、もっと冷静な

「老後」を送ってくださいね。

 

大切なのは身の丈の生き方、楽しみ方をするということです。

 

無理をしたり、見栄を張って、借金に手を出すと、

暗い老後になってしまうでしょう。

 

ましてやいい歳をして、親戚に「お金を貸してほしい」などは、

あまりきこえがおくないのでやめましょうね。

 

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました