チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


「高血圧に塩はダメ」はウソで、自然塩より精製塩のほうが安心です。

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

塩が足りないと病気になります。

 

減塩のすすめが定着して、ラーメンやうどんの汁を全部飲み干したりすると、
野蛮人扱いされますが、おいしいおつゆは一滴も残さずいただきます。

 

 

世界のデータを見ると、塩が足りない人のほうが病気になりやすく、短命です。

 

 

日本人は塩を摂りすぎている、減塩すれば万病を予防できる、
という説が国内では半世紀以上、常識になっています。

 

 

日本高血圧学会も2012年、「高血圧の予防のために、
血圧が正常な人にも食塩制限(1日6g未満)をおすすめします。

 

 

特に糖尿病や慢性腎臓病の人には、循環器病や腎不全の予防のためにも、
1日6g未満への減塩を推奨します。

 

 

また、大人になっての高血圧や循環器病を防ぐためには、
子供の頃から食塩を制限することが望まれます。

 

ほとんどの日本人は必要量をはるかに超える食塩を摂取しており・・・」
何が何でも国民に減塩させたいようです。

 

 

しかし海外では、正反対のデータも出ています。

 

 

1988年発表の国際共同調査「インターソルト・スタディ」では32か国52地域で、
約1万人の食塩摂取量と血圧を調査しました。

 

 

結論は、未開地を除く48の地域で、「食塩の摂取量と高血圧症の間にはっきりした
関係は認められなかった」。

 

スポンサーリンク

 



 

またアメリカのアルダーマン博士が、25~75歳までの20万7729人に聞き取り調査をした結論は、
「塩分の摂取が最も少ないグループは、脳卒中や心筋梗塞などになりやすく最も短命。

 

 

最も多いグループがいちばん長寿で、高血圧、心筋梗塞も少ない」
「世界の経済先進国でいちばん塩分の摂取量の多い日本人は、世界最長寿である」。

 

 

論文は権威ある医学誌「ランセット」に載りました。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク



PAGE TOP