しゃべって、笑って、食べて。口を動かすほど元気になるわけとは。

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

「ひとりごと」のすすめ

 

 

よどまない人生のために、手足の運動を心掛けている人は多いと思いますが、
「口の運動」を意識している人は少ないかもしれません。

 

 

たとえば

ガムを噛むと、脳全体の血流が増えることが、複数の実験で明らかになっています。

 

 

噛むときに動く筋肉(咬筋)は神経とつながっているので、脳の活性化にも一役買います。

 

 

さらに唾液がわいてくることで消化酵素の分泌も促されます。

 

スポンサーリンク

 



 

 

口腔ケアの専門家から「自分の歯が多い、あるいは入れ歯が
ピッタリ合っていてきちんと噛める高齢者はボケにくい。

 

 

寝たきりになるなどして流動食になると、
精神機能がガクンと低下する」という話を聞きました。

 

 

「声を出せばストレスが飛ぶ」

これも、さまざまな実験で証明されています。

 

 

人としゃべることで気分転換になり、五感や情動も刺激されます。

 

 

ひとりごとを言ったり、テレビにツッコミを入れたりするのもとい習慣です。

 

 

ヨッシャーなどと大声で気合を入れると、「脳のブレーキがはずれる」と言われます。

 

 

こわい、できそうにない、失敗しそう・・・
などの脳の雑念が吹きとんで、実力以上の力が出る。

 

 

大声を出すと、本当にパワーにつながるということです。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました