チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


その医者は、本当に親切なのか?たちまち76万部突破の評判の書籍

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク



 

その医者は、本当に親切なのか?

 

患者がクシャミが出れば病院に走ります。

 

医者は「風邪ぎみ」と聞いただけで、セキ止め、熱さまし、
炎症止め、抗生物質、胃薬・・・とわんさと薬を出されます。

 

 

ついでにほかも診ますかと勧める

 

 

「ついでに血圧も計ってみますか。あ、ちょっと高めですね。

 

お薬を出しましょう。と血糖値も心配ですね」などと、
次から次に、検査をすすめられることも多いでしょう。

 

それを「親切なお医者さん」と、ありがっていませんか?

 

そして毎年インフルエンザのワクチンを打ち、
健康診断やガン健診も律儀にうける。

 

 

スポンサーリンク



 

そして精密検査まで勧められる

 

「血圧が高い」「肺に影がある」などと言われるとあおくなって、
言われるままに薬を飲み、精密検査を受ける。

 

ガンと診断されると「手術、抗ガン剤、放射線」の標準治療を素直に受け入れる。

 

医者にも生活があります・・・これ親切なのか?

 

医療だってビジネスで、医者にも生活があります。
日本の医者は病人をできるだけふやして、
病院に通わせないとやっていけない。

 

 

”おいしい”お客様を作るのです。

 

 

口車に乗せられるあなたは、医者の”おいしい”お客様。

 

大事な時間とお金を医者に捧げて、命を縮めることになります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP