チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


一つの時代錯誤、ガンセンターは、ほとんど要らないと思います。

こんにちは
見本市ブログです。

 

 

スポンサーリンク



 

ガンセンターとは、

 

大学病院のほかに、もう一つ時代錯誤のものがあります。
それがガンセンターです。

 

ガンセンターは全国に20カ所あまりありますが、
現況であればほとんどが要らないと思います。

 

理由は明白で、3大治療、特に抗ガン剤だけでガンを治そうという
発想が大勢を占めているからです。

 

極端に言えば、ガンセンターというのは抗ガン剤の実験場とも
言えるかと思います。そもそも、ガンは全身病です。

 

3大治療だけでは不十分であることはもちろんですが、ガンの治療には、
メンタルのケアや、食事の指導、そしてサバイバーたちによるサポートも不可欠です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

時代の流れに逆行するように、3大療法だけでガンに立ち向かおうとする姿勢は、
あまりにも時代錯誤が甚だしいと言わざるを得ません。

 

チーム医療もまだまだおぼつかない、中医も取り入れない、
代替医療も取り入れない、サバイバーたちによるサポートもない、
そんなガンセンターに、あまり存在価値はないのではないでしょうか。

 

しかし、大学病院もダメ、ガンセンターもダメであれば、
一体どうすれば、一体どうすればいいのか?

 

大学病院にも、ガンセンターにも行くなと言うのか?
とせまられそうですが、そういう意図ではありません。

 

言いたかったのは、過大な期待を持って訪れると、
理想とのギャップが激しすぎて受けるショックが大きいですよ、

 

という事です。つまり、それぞれの施設の特徴と限界を踏まえた上で、
いいところをうまく活用すればいいのです。

 

決してすべてをゆだねてはいけませんマイドクターを確保しながら、
うまく活用していただければと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP