チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


よくある医療被害のケース,本当に死亡する場合もあるので注意が必要

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

検診ですすめられた検査を受けて、急性膵炎に

 

Q 50代の妻が検診でひっつかかり、胆管と膵臓の検査(ERCP)を受けたら、
急性膵炎になってひどい苦しみようでした。受けないほうがよかったでしょうか。

 

 

 

A ERCPの正式名は「内視鏡的逆行性胆道膵管造影」で、十二指腸まで内視鏡を入れて
胆道と膵管に造影剤を注入し、エックス線写真を撮る検査です。

 

 

膵管に造影剤を入れたとき、何かのきっかけで膵液が漏れて、
まわりの組織を溶かしてしまい(膵液は強力な消化酵素を含みます)、
急性膵炎が発症するわけです。

 

 

急性膵炎と聞くと急性の上気道炎(つまり風邪)程度の症状を想像する
かもしれませんが、風邪とはケタ違いに症状が重い。

 

 

脂汗を流すほど激烈な腹痛があるので、本人は死ぬかと思うはずです。

 

 

そして、ERCPで急性膵炎が生じることは決して少なく、
本当に死亡する場合もあるのでおすすめできません。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP