チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


よくある医療被害のケース,解熱鎮痛剤の副作用で急性ショックが生じ

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

のどが腫れて、看護師に座薬(鎮痛剤)を 挿入されたら、植物状態に

 

Q 糖尿病の60代の夫が、のどが腫れたので受診。急性咽頭炎で入院と言われ、
看護師に鎮痛剤の座薬を挿入されたとたん、夫はケイレンを起こして呼吸が止まり、
緊急の手当てもなく植物状態になりました。

 

 

担当医は説明もできず、耳鼻科医長には「力不足でした」と頭を下がられたのですが、
とても納得できず、係争中です。

 

 

 

A 植物状態とは、意識を失い、呼びかけにも答えられず「永遠に眠り続けてる」状態です。

 

 

心臓が止まるなどして脳へ行く血液が足りなくなると、脳は数分で取り返しのつかない
ダメージをこうむります。

 

 

すぐに人工呼吸や心臓マッサージなどの救命救急措置がとられれば回復するのですが、
「緊急の手当てもなく」ということは、医師がそばにいなかったのでしょうか。

 

 

急性咽頭炎は、細菌感染が原因となることもありますが、大部分はウイルス感染で起こります。

 

 

使用された座薬はおそらく、ボルタレンやインテバンなど非ステロイド系の消炎解熱鎮痛剤で、
風邪をひいて医者にかかったとき「熱さまし」としてだされる薬と同系統のものです。

 

 

断定はできませんが、この患者さんの場合、

 

 

解熱鎮痛剤の副作用で急性のショック(血液の循環がストップする状態)が
生じたと思われます。

 

 

このように、解熱鎮痛剤には、予断を許さない大変危険な側面があります。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP