チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


よくある医療被害のケース,MRSAに院内感染し症状が悪化歩けなく

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

手術後、MRSAに院内感染して症状が悪化し、歩けなくなった

 

 

Q 50代の母が、関節リウマチで手術を受けたあと、体性菌MRSAに感染して、病状が悪化しました。

 

 

入院前は歩けたのに、今は下半身がまったく動きません。病院でこうなったのに、
退院を再三せまられて、納得できません。

 

 

A MRSAは「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」の略で、ペニシリンなどの
抗生物質が効かない病原菌です。

 

 

抗生物質の濫用がたたって発生した細菌で、世界中で問題になっていますが、
日本ではこの細菌がすみついていない病院はないはずです。

 

 

病気で体力の落ちた人や、手術を受けた人にとりつくと、
抗生物質が効かないために病状が悪化しやすいのです。

 

 

手術したあと歩けなくなったということは、股関節かひざ関節の手術を受けられたのでしょう。

 

 

関節は細菌感染に大変弱く、手術は無菌下で行われる必要があります。

 

 

現実には、不潔な手術室で手術していることろが多い。

 

 

この患者さんに原因があって感染したのではないので、病院が面倒をみる責任があります。

 

 

病院が退院をせまるのはおかしな話で、退院する必要はありません。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP