チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


団塊世代アポ電が多発しているため、改元まえのゴールデンウイーを集中警戒。

見本市ブログです。

 

 

 

 

詐欺やアポ電を集中して警戒にあたると 4月12日に県警が発表しました。

 

 

改元が5月1日から施行されるため10連休を前に県警は
機動隊員の配置や巡回を強めることがわかりました。

 

 

今月27日から10連休になるため、

 

 

オレオレ詐欺などの特殊詐欺被害が多発するのを防ごうと、県警は12日、
各地の防犯団体と協力して警戒活動を始めることになりました。

 

 

各警察署でも独自の対策を講じており、県内各地で被害抑止に力を入れています。

被害総額は約4億7000万円にのぼっています

 

県警によると、県内の特殊詐欺被害は3月末現在で、282件
被害総額は約4億7000万円にのぼっています

 

 

県内でも、現金の保管場所を尋ねる「アポ電」(アポイントメント電話)が
かかってきたことが確認されているほか、

 

 

5月1日の改元を前に「元号が変わるとキャッシュカードが使えなくなる」などと
うたってカードをだまし取る被害も起きていることから。

 

 

こうした状況を受けて、県警は対策を強化。

 

スポンサーリンク

 



 

 

アポ電や詐欺被害の多発地域に機動隊員らを配置するほか、
各地の防犯パトロール隊に協力を要請し、

住宅街などの巡回時に注意を呼びかけてもらう。

 

 

12日には県警本部で出動式が行われて。

 

 

各署も警戒しており、松戸東署は独自のチラシを作成。

 

 

「アポ電があった場合はすぐに110番通報!」
「アポ電の相手に「お金がある」「お金を用意する」は
絶対に言わない」などと訴える内容で、
管内の住民らに約3万部を配布されました。

 

 

また、千葉北署などは地域課員による住宅街の巡回を集中的に
行っていくことにしました。

 

 

まとめ (私の体験)

 

すべてが電話を受けてしまった事からです。

 

電話を受ける時の対策で防げます。

 

 

平成25年6月、私の妻の姉79歳が木更津市に一人で住んでいて
長男を名乗る男に100万円を振り込んでしまったのです。

 

 

徒歩10分のところに次男家族が住んでいるのですが
話す余裕がなかったのです。

 

「電車にカバンを忘れた中には大事な契約書と
会社のカードが入っていた。
携帯電話も入れていた、会社には言えない」。

 

 

「今日中にお金と契約書が必要だ」。
お母さんお金100万円用意できる?」と言ってきたのです。

 

 

会社をクビになるかもと思い相談する余裕はありませんでした。

また、続けてあと100万円足らない何とかならないか?と言ってきました。

 

 

困って私に連絡がありましたので次男にすぐ話しなさい。
とアドバイスすると長男はまだ会社で仕事中で
詐欺だったことが分かったのです。

 

 

その後も電話がなるため対策をしました。

 

それからはうそのように電話はかかっつてこないです。

 

 

 

 

被害を受けた後でしたが、私の体験をお話しさせていただきました。

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP