チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ガンと闘ってはいけないのです。長生きするために心得として読む。

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

ガンと闘ってはいけない

 

逸見さんの痛ましい死は、ガンの手術や抗がん剤治療の不毛さを象徴していますしかし、
テレビで活躍する人気者が「ガンが見つかったので治療に専念します」と宣言し、

 

あっという間に亡くなる悲劇は、最近も「またか」と思うほどしょっちゅう起きています。

 

僕が20年以上にわたって診てきた150人以上の「ガン放置患者」には、
たとえスキルス胃ガンであっても、数か月で亡くなった人は一人もいません。

 

逆に今までどおりに暮らしながら、3年から9年も生きた人が何人もいます。

 

また、放置すれば痛まないガンは、食道ガン、肝臓ガン、子宮ガンなど、少なくありません。

 

もし痛んでも、モルヒネで完璧にコントロールできます。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

苦しみ抜いて亡くなるのは、不必要なせいなのに、医者は新しい
患者や家族に「治療はこわい」とは決して言いません。

 

「ガンはこわいですから、すぐ治療を始めましょう」。

 

こうして「ガンは放っておくとみるみる大きくなって痛み、
命を奪う恐ろしい病気」という誤解が広がっているんです。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PAGE TOP