チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ガンの「早期発見」は、実はラッキーではなく心得として知っておく

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

検診とガン死亡の意外な関係

 

ガンの「早期発見・早期治療」に役立つというハイテク機器や
新しい検方法が次々に生まれて、もうかなり前から「ガンは治る病気になった」

 

「1年に1回の検診で、ガンになる前の段階でキャッチできる」などと宣伝され、
医学界は、ガン検診マーケットを飛躍的に拡大させています。

 

でも、いちばん肝心なのは「ガンで亡くなる人は減っているのか」ということです。

 

本物のガンは人の命を奪います。ガンが治る病気になったのなら、
以前国民の死因のトップだった脳卒中がいま4位になっているように、
ガン死は年々、みるみる減っているはずです。

 

しかし、まったく減っていません。1960年代から50年、
人口に占める全てガン死亡率は下がらず、
ガンは日本人の死因のトップにい続けています。

 

なぜなのか。検診が、何の役にも立っていないからです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

詳しく検査するほど、最新鋭機を使うほど、ガンはいくらでも見つかります。

 

しかし、そのほとんどは「もどき」で、手術などの治療は体を痛めるだけです。

 

たとえば50歳を超えた男性の2人にひとりは、亡くなったあと解剖すると
「前立腺ガン」が見つかります。

 

それは、放っておいても大きくならない「潜在ガン」だったのです。

 

ところが最近は検診で「前立腺ガン」を見つけ出しては、自覚症状もない人に
「手術で切除しますか?それとも放射線?」と迫っている。

 

手術の後遺症はもちろん、放射線治療でも合併症が起きて、
ひどいときには人工肛門になることもあります。

 

また、わずかな病変まで検出できる方法が見つかったら、
日本人の3人にひとりは甲状腺ガンと診断されるでしょう。

 

でも、甲状腺ガンで亡くなる人は、ガンによる総死亡者数の
わずか0,1%,年間約300人です。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PAGE TOP