ガンの痛み完璧にコントロールできるガン放置療法でピンピンコロリ

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

スポンサーリンク



 

ガンの放置療法をでピンピンコロリ

 

理想的な人生のしまいかたとして、よく「ピンピンコロリ」と言う言葉が使われます。

 

死のまぎわまで元気に生きて、コロッと逝く。

 

意外に思われるかもしれませんが、僕が確立した「ガン放置療法」は、
このピンピンコロリをかなえられる可能性が、かなり高い方法です。

 

ガンは治療しなければ、痛みのコントロールは完璧にできるし、
死のまぎわまでボケたり意識不明になることなく、比較的、頭がはっきりしています。

 

「散歩を楽しむ」程度のアクティビティも、失わないでいられます。

 

俳優の緒形拳さんは、肝臓ガンのことを家族以外には言わず、手術も抗ガン剤も
「仕事ができなくなるから」と拒否して遺作ドラマ『風のガーデン』の撮影を終え、
制作発表にも参加して、その5日後に亡くなりました。

 

お見舞いに訪れた親友の津川雅彦さんに「体を大事にしろよ。

 

治ったらうなぎを食べに行こう」と声を掛けた数時間後に、
眠るように息を引き取ったそうです。

 

多くのガンを放置するとで、緒形さんのような大往生が可能になると思います。

 

ガンで自然に死ぬのはすごくラク

 

僕は30年間、「どうしたら、ガン患者さんが最も苦しまず、最も長生きできるか」
という観点から、無理や矛盾のない診療方針を考え抜きました。

 

そして「ガン放置療法」に到達しました。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

「ガンもどき」」なら移転の心配はなく、「本物のガン」なら治療をしても
しなくても死亡率に差がなく、延命期間も同じ。

 

ならば、そのガンによる痛みや機能障害が出たときに初めて、
痛み止めや放射線治療、場合によっては外科手術をすればいい。

 

「これは世界で最も新しい治療法であり、考え方であるとともに、
最善の対処法である」と確信しています。

 

昔、家庭で亡くなっていた人の「自然死」の大部分はおそらく、ガンだったと思うんです。

 

もし診断をしたとしたら、男女ともに胃ガン、女性ならそれに次いで
子宮ガンが多かったでしょう。

 

ガンで自然に死ぬのは、すごくラク。健診などで無理やりガンを見つけ出さず、
もし見つかっても治療しなければ、逆に長生きできる。

 

これは、日本人が大人になってかかる、ほかのほとんどの病気にも言えることです。

 

いったん「自分の命のことは、自分で考えて決めよう」と
決意すると、今判断の材料は、とても豊富です。

 

「ガン 放置」でインターネット検索しただけで、数十万件もヒットします。

 

よりよい人生を、自分で切り開きましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました