チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ガンの9割は、治療で命を縮めます放置で長生する、医者の診方が違う

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

逸見政孝さんが教えてくれたこと

 

ガンを放っておいたらどんどん増大し、進行して、麻酔も
きかないほどの痛みうめきながら死んでいくしかない・・・

 

ガンといえば「治療しないと、どんどん進行して死に至る」というのが
社会通念になっていますが、だれが、どうやって確かめたのでしょうか。

 

昔から、ほとんどのガンは、見つかり次第、治療されてきました。

 

手の施しようのない転移ガン、末期ガンはべつにして、早期ガンや
進行ガンを療しないで様子を見ることはなかったのです。

 

まだ、ガンの告知もされないことが多かった1993年、ニュースキャスターの
逸見政孝さんが「悪性度の高いスキルス胃ガン」であることを、
初めて記者会見の形で公表しました。

 

1月にガンとわかって手術したものの転移があり、
9月の2回目の手術では臓器を3キロも摘出。

 

衰弱した体に抗がん剤治療も行われてやせ細り、12月に亡くなりました。

 

その後、遺族にお話をうかがう機会がありました。最初の手術の
傷跡のところに、たくさん再発があったそうです。

 

よく「切るとガンが暴れる」と言われます。メスが入って正常組織の
バリアーが崩れたところに、隠れていた細胞が入り込んで増殖しやすくなるんです。

 

それに、今あるガンをいくら大きく切りとっても、本物のガンなら
見つかるはるか前に、あちこちに転移しているので、ガンは消えません。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

また抗ガン剤は、猛毒です。抗ガン剤が「効く」というのは、
単に「ガンのしこりを一時的に小さくする」という意味です。

 

そのしこりは、必ずまた大きくなります。つまり「効く」というのは、
治すとか延命につながるという話ではないんです。

 

1990年に、アメリカ議会に提出された技術評価局報告書ですでに、
「抗ガン剤、放射線などは病巣を一時時に縮小させるが、

 

この縮小は無意味であり、延命効果が認められない上み、
患者の生活の質を悪化させる」と断定されています。

 

日本人のガンの9割を占める胃ガン、肺ガン、大腸ガン、乳ガンなどかたまりを作る
「固形ガン」には、抗がん剤はつらい副作用と「縮命」効果しか及ぼしません。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP