チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ガンの誤診、病院に行く前にぜひ読んで、菊池寛賞受賞の著書です

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク



 

驚きです。初期診断は10人に1人は誤診

日本人の3分の1はガンで亡くなりますが、ガンほどまぎらわしく、
誤診の多い病気はありません。

 

ただのおできや炎症を「ガン」と決めつけられて、
胃や乳房をごっそり切り取られたり、
命を落としたりしている人が山ほどいるのです。

 

くれぐれも気をつけてください。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

「この方法でガンが治った」「末期ガンから生還した」
という話は、星の数ほどあります。

 

しかしどれも、「そもそも本当にガンだったのか」が極めてあやしいのです。

 

ドラマで医者が「肺に影があります。ガンの再発です」などと、
いいかげんなことを言っているのも、困ったものです。

 

そういう医者が、現実にもけっこういるのです。

 

ガンを診断するには、細胞を取って顕微鏡で顔つきを見る病理検査が欠かせません。

 

しかし、細胞の顔つきはガンであっても、粘膜の中にとどまって浸潤も転移もしない
「潜在ガン」「ガンもどき」がとても多いので、きちんと検索しても誤診が起きるのです。

 

アメリカのガン関連医学誌「キャンサー」は2005年、ガンの初期診断の
誤診率はときに12%にもなる、と伝えています。

 

さらに、同じ病変が海外では「良性腫瘍」、日本では「ガン」とされるなど、
日本人医師の間でも診断がまったく異なることがあるのです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP