チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ガン治療、放射線や抗ガン剤を使用して、何が効いたのか分からない

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

 

患者さんの体験には

 

「この方法で体調がよくなったから有効」というのもよくありますが、
これは「偽薬効果」が疑われます。

 

医者から自信ありげに「効きますよ」と小麦粉などのニセ薬をわたされれると、
頭痛や不眠に悩む患者の3割程度が「効いた」と感じる。

 

そんな結果が、どの実験でも出ています。医者が本まで書いて「これでガンを治す」と
断言しているからですから、偽薬効果はかなり高いでしょう。

 

調子が良くなったのは、それまでの治療法をやめたおかげかもしれません。

 

たとえば丸山ワクチンは、体調が良くなることで有名です。開発者の丸山氏は
受信した患者に「今までの治療をきっぱりやめなさい」と指導していたそうです。

 

患者の多くは、副作用の強い抗ガン剤を続けてきたはずですから、
調子が良くなって長生きしたのは、抗ガン剤をやめた効果が
いちばん大きかったのではないでしょうか。

 

「医師に余命半年と言われたのに、何年も生きているから有効」という
エピソードもよくありますが、僕は「余命半年」と告知された進行ガンを放置して
3年、5年あるいは10年と長生きした患者さんを、何人もの知っています。

 

「免疫療法」にもご注意を 

 

 どの方法も延命効果さえ証明されていないのに、けっこうなお金をとります。

 

プロポリス、メシマコブなどは、医者の言うとおりに飲むと月に20万円以上かかるのはザラ。

 

健康保険を使えば数千円の自己負担ですむ検査を自由診療にして、
1回10万円単位の請求書をする医者がいるかと思えば、最高金額では、
ある国立大学教授が宣伝していた療法で「ワンクール2千万円」というのも、
かって耳にしました。

 

大金を払って、命を縮める患者さんも、数多くいます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

血液のガンは固形ガンと違って抗がん剤が効くのに「自然治癒力を高める療法」に
賭けて亡くなった患者さん。僕に内緒で薬木の煎じ薬を飲み続けていて、
急に全身の皮膚がズルリとむけて悶死した患者さんもいました。

 

漢方薬はよく「ガンに効く」と言われますが、漢方薬メーカー、
津村順天堂の薬理研究所所長をつとめた細谷英吉氏は著書「漢方の科学」(講談社)で、
ガンを治す漢方薬はありません」と20年前に明言し、今もこの説は覆されていません。

 

また、「免疫」と名のつくガン療法には根本的な矛盾があります。

 

よく人間の体内には1日約5千個のガン細胞が生まれるのが、
免疫細胞がつぶしてくれている」と説明されます。

 

外から入ってくる、インフルエンザウイルスのような「異物」なら、
確かに免疫細胞はキャッチして排除します。

 

しかし、ガン細胞は、体内の正常細胞がちょっと変わったもの、
体内のタンパク質を使って育ってきた「自分自身」だから、
免疫細胞には異物と認識できない。免疫療法は矛盾療法です。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP