ガン細胞を作らない為、脳幹機能を高め弱アルカリ性の米に変える。

こんにちは

見本市の出展者を応援している
見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

対処療法

現代医学は・東洋医学・健康食品など、全ては対処療法です。
対症治療だから、健康食品を止めれば元に戻ってしまいます。

 

ガン細胞ができる直接的な原因は、動物性食品だと思います。
食生活の改善で、動物性食品を止めれば、新たなガン細胞は
作られないと思われます。

 

動物性食品を止める食生活を実行すれば、
新たなガン細胞はできないと思います。

 

ところが、既にできてしまったガン細胞を消去する役割は、
脳幹機能なのです。

 

だから、弱った脳幹機能を回復させなければ、
ガン細胞を消去することはできません。玄米食など、
食生活の改善をしてもガンで亡くなる人が
多いのは、弱った脳幹機能を回復させていない為です。

 

ガンの問題を解決する為には、2つの問題を解決する必要があります。

 

【ガン細胞が作られる仕組み】と 【ガン細胞が消去される仕組み】

 

新たなガン細胞を作らない為には、常に善玉菌が優勢な腸内環境を
保ち続けることです。既にできてしまったガン細胞消去する為には、
脳幹を鍛えて脳幹機能を回復させることです。

 

あなたは、どちらを選びますか?健康になりたいなら、
賢い人間になる事です。

 

人間の身体は、全て、口から食べる食物だけで作られています。
自分が食べる食物によって、健康な身体になるか病気になるか、決定されます。

 

いくら正しい食生活だと思っていても、
間違った食生活であれば病気になります。

 

健康な身体を作るか、病気の身体を作るか、
全て自分が食べた食物によって決まります。

 

食生活の改善をしないで、ただ健康食品だけ飲んでも、
健康になれるはずがありません。

 

主食の米は、白米よりも、五分づきよりも、玄米が理想です。

 

酸性の米から弱アルカリ性の米に変えるのがよいのです。

 

いくら玄米菜食を実行しても、酸性の米であれば、食事全体で考えると
酸性になります。同じように玄米菜食を実行しても、ヨーロッパと
日本で結果が違うのは、元素の含有率の違いです。

 

特に、カルシュウム含有率は大きく違います。弱アルカリ性の美味しい
米を食べれば、大きく変わります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

酸性食品とアルカリ性食品

 

 

人体は、元素で構成されています。その中でも特にカルシウムは
骨や歯に蓄えながら、常に血液を弱アルカリ性に保つ役割を担っています。

 

体液も弱アルカリ性です。明治の食医・石塚左玄が創始した食養の思想を
継承する為に日本総合医学会を設立した二木謙三博士は、

 

「酸性食品を食べる事によって血液のアルカリ度が不足すれば、
アルカリを体内から補充しなければならないが、逆にアルカリ度が
足りていれば、体内に蓄積される」と言われています。

 

酸性の肉・を食べても、血液が酸性に傾かないのは、骨や歯を溶かして
アルカリ元素のカルシウムを補充している為です。

 

食欲が無い時は、体が食べることを止めている警告ですので、
食べてはいけません!食べない事で、酸性に傾いた体のpHバランスを、
逆アルカリ性の方へ修正します。

 

安全性はもちろんですが、米の品質を考える事は、非常に重要な問題です。
玄米に水を加えると芽が出ます、白米に水を加えても芽は出ません。

 

玄米は、活きた米です。野菜は、数日間経っても生命がありますが、
肉は1日置けば腐敗します。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました