チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


コンブやワカメを食べ過ぎるとガンになる、閉経後は食べ過ぎに注意

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

野菜は本当に体にいいのか?

 

「ビタミンやミネラルは、生きていくのに絶対に必要な栄養素。

 

でも、体の中でつくることができません。

 

 

日々、外から摂らなければならないのです」ビタミン・ミネラルを何かで補わなければ、
と錯覚する警告が世にあふれています。

 

 

結論から言えば、

 

日本で普通の食事を摂っている人は、ビタミンもミネラルも十分足りています

 

 

健康のために付け足すのは、むしろ有害です。摂りすぎると中毒症状が出たり、
ガン、心臓病のリスクが高まり、早死にの原因になることがあります。

 

 

1990年代にフインランドで、大規模な栄養介入試験が行われました。

 

 

男性喫煙者2万9千人を、合成ベータカロテンを与える群と偽薬群に分けて、
5~8年間に肺ガンになる人を追跡しました。

 

 

結果は、予想を完全にくつがえすものでした。

 

 

ベータカロテン群より肺ガンの発生率が18%増加し、肺ガンと心臓病による死も増えて、
飲まない群より総死亡率が8%高くなりました。

 

 

途中で「これを続けたら肺ガン患者を人為的に生むことになる」と、試験が打ち切られています。

 

 

一方、米国ガン研究財団と世界ガン研究基金が各国の500に及ぶ研究論文を基にまとめた
「ガン予防と食生活等の関連」では、野菜や果物をよく食べる人は、
肺ガンリスクが減る、と報告されています。

 

 

人工合成されたビタミンをサプリなどで摂るのは危険だし、野菜や果物から摂る
天然ビタミンも、多く摂ったから「体にいい」かどうかは不明だということです。

 

 

かって「ビタミンCの大量投与で風邪を防げる、ガンを治せる」という説が一世を風靡しましたが、原理的に無意味です。にもかかわらず、ガン治療法として、血中濃度を高める「高濃度ビタミンC点滴」が、日本でもおこなわれています。自費治療で、50gビタミンC点滴料金は2万円前後、まともな臨床実験がおこなわれたら「生存期間の延長効果なし」もしくは「有害」という結果が出るのは目に見えています。

閉経後はコンブやワカメの食べすぎに注意

 

ミネラルも同じです

 

 

3,11福島原発事故のあと、「ヨウ素で放射線の害を防げる」というデマが広がって、
コンブやワカメなどの海藻を毎日食べる人が増えました。

 

 

しかし国立がん研究センターは2012年「海藻に含まれるヨウ素は、生命維持に欠かせない
ミネラルだが、摂りすぎると甲状腺ガン発生の原因となる可能性がある」と発表しています。

 

 

同調査は、9府県の40~69歳の女性約5万人を1990年代から約14年間、追跡しました。

 

 

14年間に134人が甲状腺ガンになり、うち乳頭ガンが113人「海藻をほぼ毎日食べる」群が
乳頭ガンになるリスクは、「週2日以下」群と比べると3,81倍「海藻を週3~4日食べる」群も、
2日以下のグループの約2倍の女性が乳頭ガンになっていました。

 

 

閉経前の女性ではリスクの差はありませんでしたが、日本人の食生活にはもともとヨウ素が
豊富なので「過剰」には十分、気をつけてください。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP