チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


コーヒーは、ガン、糖尿病、脳卒中、ボケ、胆石、シワを遠ざける。

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

コーヒー好きは肝臓ガン、大腸ガンのリスクが激減

 

「よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、
愛のように甘い」(タレーラン)。

 

その黒さが災いしたのか、かってコーヒーは「胃を荒らす」「ガンになる」
「シミを増やす」など、言われ放題でした。

 

 

しかしコーヒーは頭痛、胃痛をなだめ、眠気をはらう煎じ薬として世界に広まった飲み物。

 

 

最近、世界各国の大規模な調査で、画期的な健康効果が発表されています。

 

 

日本の国立ガンセンターを中心とする研究班は、40~60歳までの男女9万人を
10年間追跡調査をして「1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝臓ガンの発症率は、
飲まない人の4分1」
と発表、

 

 

コーヒーのこうさんか・抗炎症成分がC型肝炎の進行を抑え、肝臓ガンへの進行を
食い止めるのではないかと推測しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

日本の女性のガンの中で死亡率が最も高い大腸ガンについても、岐阜大学グループが
1992年から8年間、35歳以上の地域住民3万人の追跡調査を行いました。

 

 

コーヒーを飲まない人を1とすると、毎日1杯以上飲む人は男性で0,81。

 

 

女性は0,43と、女性では大腸ガン発症率が半分以下に抑えられていました。

 

 

コーヒーを1日2杯以上飲む人は、飲まない人に比べて死亡するリスクが10%以上低い、
と発表したのは、米国立衛生研究所(NIH)。

 

 

1994年から14年間にわたり、米国内に住む50~71歳の男性約23万人を追跡しました。

 

 

コーヒーを飲まない人に比べ、1日1杯の男性は6%,2~3杯は10%4~5杯は12%死亡リスクが減り、
女性はそれぞれ5%,13%,16%減っていました。

 

この調査では、心臓病、脳卒中、糖尿病による死亡リスクが減り、ガンは減りませんでした。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP