マンション、アパート、新築物件投資で、知っておきたい大事な基礎知識

こんにちは

わーどぷれす見本市ブログです。

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

スポンサーリンク



 

 

マンション、アパート、新築物件投資で、知っておきたい大事な基礎知識

新しく新築された物件を購入する、もしくは、土地から
仕入れた後に新築のマンションやアパートを建築する
という投資方法です。

新築の良さは、金融機関からの融資の引き出しやすさに
あります。

不動産投資の実績がなくても、会社員としてある程度の
信用性があれば、多くの人がチャレンジすることができます。

しばらくの間は修繕などの手間もかからず、入居者も容易に集めることができるので、
比較的楽に経営をすることが可能です。

ただ、基本的には利回りが低く、中古物件の半分程度になって
しまうことが多いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

特に、アパート建築専門の業者などは建築する目的が収益
ではなく、相続対策としている場合が多い為、

現金を不動産に変えれば節税効果が期待できるので、
昔からの地主はこの方法を使っている人が多いです。

一方で、投資用の区分所有マンションも多く流通しているが、
健全なキャッシュを生み出せる物件はほとんどありません。

生命保険の代わりや節税用としては見ることができるが、
節税なら、わざわざリスクを伴う不動産を選ぶ必要も
ないです。

最も営業マンが多いのは、この新築ワンルームマンション
投資ですが、どんな目的で投資をするのかを良く考えて選ぶ
必要があります。

もし、新築不動産投資をやっていこうと思うのなら、
ある程度の値上がりが期待できるエリアやタイミングを
的確に狙う必要があります。

しかしながら、とりあえず実績を作りたいという
には着手しやすい投資法だと言えます。

 

 

スポンサーリンク



 

わーどぷれす見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました