メタボ改善で長寿に「脳内革命②」 右脳パワーは楽しいことだけを考える 

こんにちは

見本市ブログです。

私はメタボで成人病でした。「脳内革命」を実行して今は

正常値になりました。

記録的ベストセラー、待望の第2弾が出ました。

その記事をご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

最高の上位脳は右脳です。

 

爬虫類はロボット脳に支配されるといってよく、機械的、反射的に体を
動かしているだけですが、犬や猫になると快、不快の感情が加わり、
感情で自分の行動を決めることが多くなります。

 

そのため犬や猫になると空腹でも嫌いなものは食べなく
なります。空腹でも食べないのは「嫌いなもの」への悪感情が
空腹感を上まわるからです。

 

つまりある一定の段階までは、下位脳は上位脳の命令に
従うのです。これは人間も同じですから、
思考がマイナス発想に傾きがちなときは、できるたけ
上位脳を使ってみることです。

 

たとえば不愉快な出来事にぶつかったとき、単純に「不愉快だな」
と思うのは感情レベルで考えたことで犬や猫と大差ない。

 

こういうとき上位脳をはたらかす努力をする。

 

 

スポンサーリンク



 

 

人間で最高の上位脳は右脳です。右脳で考えるということは、
感情に支配されないことです。右脳をはたらかすには
どうしたらいいか。

 

私たちはつねに計器をもって、右脳がはたらいているか、
左脳がはたらいているかをチエックしているわけではないので、
どちらの脳が支配的かは慣れないとなかなかわかりません。

 

いちばん初歩的な方法は対象になっていることがらから
意識をずらすことです。歯医者さんがこのテクニックを
使っています。

 

虫歯の治療をするとき「痛いだろうな」と思うと、歯の中に
ある感覚が鋭敏な歯髄や血液中にブラディキニンという物質が
分泌され、歯の治療が終わると脳内モルヒネが出てくることが
たしかめられています。

 

患者さんの意識を歯から遠ざけるため、全然関係のない
楽しい話題で話しかけたり、クラッシック音楽を
流したりしています。

 

この要領で楽しい考え、好ましい考えで頭の中を満たしてやる。
そうすればいやな考えは「存在できなくなってしまう」のです。

 

楽しい考え、好ましい考えで頭の中を満たしてやる。
そうすればいやな考えは「存在できなくなってしまう」のです。

 

これが右脳パワーというもので、右脳をうまく使えるように
なると、どんなに遭遇しても、マイナス感情に陥らなくなる。

 

そして頭の中に存在していることのみが現実となって現れて
くるようになります。左脳のわかることは全部右脳でわかります。

 

遺伝子情報を古いものまで自由に引っ張り出せるのは右脳
ですから、右脳はすべてを知っているのです。

 

ただその「知っている」という事実を私たちはめったに自覚
できないのです。

 

なぜなら左脳は自分一代だけの経験や知識にこだわるからです。

 

これを右脳中心にもっていくためには左脳の興奮を少し静めて
あげれればいい。

 

脳内モルヒネの世界を目指すのがそのいちばん有効な
方法といえます。

 

 

スポンサーリンク



 

300万読者に感銘を与えた記録的ベストセラー‼

これは「脳内革命」の引用文献です。

著者 春山 茂雄 医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました