チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


苦しまずローソクが消えるように、治療しなかった胃ガン転移の自然死

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

 

治療しなかった2人の「自然死」について

 

 

僕は、転移ガンで亡くなる患者さんをずいぶん見送ってきました。

 

 

頭がしっかりしていると、痛みや息苦しさ等、多少の苦痛が生じることがありますが、
それはモルヒネでコントロールできます。

 

 

死そのものは、みなさん冷静に受け入れているように見ました。

 

 

いっさい治療をしなかった患者さん2人の「自然死」についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

食堂に近いところにでこた胃ガンの患者さんで「飲まず食わず」でなくなった男性がいました。

 

 

「治療したくない」というので様子を見ていたら、7年ほど生きて、
最後のほうがだんだん大きくなって、食事をせばめてきました。

 

 

食べものが通りにくくなって食欲が落ちていくのですが、
本人は「このままにしてくれ」という。

 

 

食道をちょっと広げればラクになって、もうちょっと長生きできるかもしれない、
とか、いろいろ考えて提案したんですが、本人は昔手術で苦しんだ経験があって、
何を言っても「イヤです」。

 

 

そしてだんだんたべられなくなってやせていきました。

 

 

 

 

 

最後まで水は何とか飲めていました。

 

 

食堂を広げる施術を拒んで3週間ぐらいして、なくなったと連絡が入りました。

 

 

衰弱死というのか、餓死というのか、スーッと消えるように逝き方でした。

 

 

もうひとり、直径2センチ大の乳ガンが見つかった45歳の女性は、
切るのを嫌って放置していました。

 

 

4年後に、ガンが20センチ大に増殖し、乳房全体がガンでおおわれて皮膚は赤黒く変色。

 

 

場所によっては皮膚が破れて腫瘍ができて、
ガン細胞が露出して白い泡を吹いたような状態でした。

 

 

しかし、それほどひどい末期症状でありながら、痛みを感じていなかったんです。

 

 

最後は寝たきりになり、ベットで横たわったままのせいかつでしたが、
苦しみを訴えることもなく体力がだんだん衰え、
ローソクの火が消え入るように亡くなりました。

 

 

4年前に手術を受けていたら、この女性はもう少し長生きできたかもしれません。

 

 

あるいはもっと早く亡くなっていたかもしれません。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP