チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


ワンルームマンション投資 成功の秘訣 

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私でも買えた、成功法

6畳6室アパート1棟、

中古一戸建て2軒

をサラリーマンのときに投資をし

確定申告で税金全額を毎年還付

してもらっていました。

ワンルームマンション投資は

低金利だから確実に資産が増える。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

マンション投資の基礎知識

マンションを貸して家賃を受け取るマンション経営は

購入後のポイントがあります。

基本的に投資に用マンションの経営にあたっては、

オーナー自身が時間や手間をかけられなくても、

また不動産に関する知識がなくても、何も問題はありません。

なぜなら、募集や管理などの賃貸経営の実務部分は、

管理会社に全て委託できるシステムが整っているからです。

最低限の知識として次のようなことは押さえておくことが重要です。

賃貸マンションの貸し方は2パターンあります。

一つは、オーナーが直接入居者と契約し、家賃を受け取る「普通貸家契約」。

もう一つはオーナーが管理会社と契約し、管理会社が

入居者と契約する『転貸借契約(サブリース)」です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

転貸借契約の場合は、全ての業務を管理会社に委託できるので、

手間がかからず空き室や滞納の心配もいりません。

デメリットとしては、毎月の賃料から管理費(入居者からの賃料の10~20%)

が引かれるので、自主管理よりもコストが高くなる点、

契約更新の際には周辺相場に合わせて契約家賃が

変更になる可能性のある点が挙げられます。

なお、管理会社に支払う業務手数料は、管理の内容や

家賃保証の有無によって変わります。

たとえば保証度合いによって2つの形態を投資家に選択してもらう方式です。

 

 

まとめ

管理業務は「代理」契約で、手間なく運営することができます。

「代理」とは、管理会社に契約業務に対する

代理権を与えることで、賃貸借契約に関する全ての業務を

管理会社に任せることができます。

管理会社が一方的に進めるのではなく、

募集条件や入居者の決定などの重要な事項については、

随時管理会社からオーナーへ確認や相談が入ります。

そして、いよいよ入居者が見つかり、保証人の確認も取れて、

保証会社も付き、「この方と契約していいですよ」と

オーナーの了解が得られれば、管理会社が貸主代理の

立場でそのまま契約しますので、

オーナーの手間はほとんどかかりません。

スポンサーリンク



 

WordPress見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

 

コメント

PAGE TOP