3種以上の薬を出す医者は信用するな 5種以上を一度に服用は危険です

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

「できればすべての薬の使用をやめよ」

 

僕はすべての患者さんに「一度に3種類以上の薬を出す医者を信用しないように。

5種類以上を一度に飲むような行為は極めて危険」と伝えています。

 

何種類も服薬していてずっと体調がすぐれないという患者さんや、
お年寄りで認知症、ふらつきなどの症状が出ている場合は
「薬を全部やめてみてください」とアドバイスします。

 

やめても薬効はしばらく続き、なだらかに下降していくので
「禁断症状」が出ることはなく、ほぼ全員の体調が好転します。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

 

薬は毒物です。

すべてに副作用のリスクがあります。

 

少量、短期の服用なら、肝臓や腎臓が薬毒を処理してくれることが多い。

 

しかし習慣化すると、副作用が確実に現れます。

 

そして短期でも、少量でも、服用する人の健康状態にも関係なく、
薬が毒物である以上、

 

 

いつ副作用となって現れるかはまったく予測がつきません。

 

 

たとえば水面下で病気が進行していたり、神経系や心臓の生理機能が弱ったりして
いる場合、服用と同時にショック死に至ることがあります(アナフィラキシーショック)。

 

何気なく飲んでいる市販の風邪薬でさえ、重大な副作用が出ることがあります。

 

その症状は、薬の「副作用」ではなく、「主作用」なのでした。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました