チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


世界で売れてるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

スポンサーリンク

 



 

薬の大きな広告は、欄外にご注目

 

コレステロールを下げるスタチン類は、世界中でよく売れている薬でです。

 

 

 

悪玉コレステロールの「基準値引き下げ」

 

20009年の米国での売り上げは1兆円レベルアメリカでは2004年に
「米国コレステロール教育プログラム」のガイドラインが改訂され、

悪玉コレステロールの「基準値引き下げ」が推奨さえれました。

 

委員が製薬業界からお金をもらっていた

 

その根拠に説得力がなく、委員9人中8人が製薬業界から
お金をもらっていたこともわかって、抗議運動が起きました。

 

基準値をできるだけ下げて薬の売り上げを伸ばそうと
する画策は、いずこも同じというわけです。

 

ところで、この世界中で売れるスタチン類の効き目が気になるところですね。

 

血中コレステロール値を、薬を飲んでまで下げる理由は
「数値が高いと動脈硬化を招き、脳卒中や心臓病などを
引き起こしやすくなるから」とされています。

 

ではスタチン類を飲むことで、病気をどのぐらい防げるのか。

 

データを見てびっくり、宝くじ以下の確率です、
それも本当に薬が効いたのか、よくわからないんです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

偽薬(砂糖の錠剤)の投与があった

 

アメリカの新聞に、スタチン薬「リピトール」の大広告が出たとき、
欄外にごく小さく「大規模な臨床試験で、偽薬(砂糖の錠剤)を
投与した患者の3%が心臓発作を起こしました。

 

リピトール投与患者では2%でした」という一文が添えられました。

 

製薬会社が治験者100人ずつを3年4カ月にわたって調べたら、
偽薬を投与した患者は3人、リピトールの方は2人が心臓発作を起こした。

 

その差は1人で、ほかの各99人は、リピトールを飲んでも
飲まなくても結果は同じだったんです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP