団塊世代会話の往復に意味がある、たまに犬も食わない「口げんか」も理想の形

 

 

 

会話の往復に意味がある

 

夫婦で家にいて何がいいかと言えば、話をして「共感してくれる」ということです。

 

なんでもいいから、今日あったことを、聞いたこと、テレビの番組に

関する感想など、「そうだね」。

この反応が心を和ませるのです。

 

私の妻は、朝起きてくると、いわゆる「難癖」というか

文句を私に浴びせていました。

 

これは朝のあいさつであり、彼女なりのコミュニケーションなのです。

 

それを無視しようものならば、どんな仕返しをされるかわからないのです。

 

こういうときは、にこにこ笑っているか、逆に、

簡単なギャグでも飛ばして「球をよける」。

 

この手段を身に付けることが大切です。

 

夫婦は日常的に相手の反応を楽しみ、

他人とはできない会話の遊びを行っています。

 

 

これが二人の結びつきを深くして和を作り出します。

 

 

でも、これは理想論で、私の若いころの態度は良くありませんでした。

 

たとえばこんなこともありました。

 

私はプロ野球ファンだったので、

夕食時やそのあとは延々と野球の放送を見るのが常でした。

 

リビングのもう一台のテレビで、妻はドラマをよく見ていました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

ある夜、野球放送のボリュームがあまりにも大きかったのか

「うるさいわね!」というなり、自分の見ていたテレビの

スイッチを切ってしまい、二階に行って長電話を始めてしまいました。

 

こうなると、せっかく家に帰ってきても、

夫婦の会話はなくなり、すれ違いになります。

 

夫婦は何のために二人で同じ屋根の下に住んでいるのかといえば、

お互いに会話をし、だんらんをして気持ちを和ませるためです。

 

それがお互いに好きな行動に走り、「あっち向いてプイ」では、

夫婦関係は良くなるどころか、冷たい戦争に発展しかねないのです。

 

「あそこの家はこうなっている」、「今日街でみかけたことは・・・」

というようなたわいもない話をお互いにしあうというのが、

「夫婦水入らず」の実例であり、理想の形なのです。

 

もちろん、たまには、犬も食わない「口げんか」も仲良しの間柄です。

 

良くないのは「無言」の冷戦ですね。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました