団塊世代元気をもらえるボランティア社会とつながるコミュニケーションの場

 

 

 

 

元気をもらえるボランティア活動

 

 

欧米では「ボランティア」というのは、広く国民に根付いています。
その陰には「持てる者が寄付する」という文化があるので、
成り立っているのでしょうか。

 

私がカルホルニア・サンノゼの親戚のお宅を訪問したときに、
毎日「寄付のお願い」の電話がひっきりなしにかかってきていました。

 

「持てる者は寄付をすべきだ」という考え方があって、
かけてくるほうは当然という考え方のようです。

 

いちいち対応していたのではどうにもならないので、「留守電」に
設定し必要な電話だけには出るという形をとっていました。

 

日本でも東日本大震災を契機にして、寄付行為とボランティアの考え方が
一層強くなってきましたが、国に頼るだけでなく、
民間の人が仕事を休んでまで参加して大きな力となってきました。

 

企業も社会的貢献を目指して、積極的に仕事の一部として東北の地に
ボランティアを派遣するようになっています。

 

しかし、継続的、日常的な活動が必要な今は、ボランティアとして、
高齢者と主婦が大好きな役割を果たしています。

 

健康に問題が少なく、体力に自信のある団塊世代は進んで
ボランティアの活動を進め、その喜びを味わうのもよいのではないでしょうか。

 

いかなるボランティアであれ、社会には常に何かが求められています。

 

スポンサーリンク

 



 

孤立した高齢者に対しては「声かけボランティア」、
「話を聞くボランティア」などが必要です。

 

私の知り合いの「団塊世代」は、60代後半から仲間で素人バンドを
結成して、老人ホームなどを慰問して慰問して演奏し、歌い、喜ばれ、
自分たちも仲間との活動に生き甲斐を見い出しています。

東京都八王子では粋なボランティア制度を始めています。

 

ボランティア活動が生き甲斐を見い出します

 

高齢者ボランティア・ポイント制度というものです。」これは、
元気な団塊世代に市内の特別養護老人ホームやデイサービス、

 

一人暮らしの方を含む高齢者世帯などでボランティア活動を
行ってもらい、その活動に応じて交付金などと交換するものです。

 

地域に貢献する喜びを味わいながら、自身の健康維持につなげてもらう
という趣旨で、この傾向は今後、全国に広がると見ています。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました