団塊世代再婚活動はラクではない、簡単にはハッピーなどはあり得ないのです。

 

 

再婚活動はラクではない

 

私は再婚活動に踏み切りましたが、これもいばらの道でした。

 

お見合いというのは、選べばすぐに決まり、まとまるのかと考えていました。

 

結婚相談所の大手を選び一時金として50万円支払い、まとまればいいという

感じでいたのですが、実際にこの世界は簡単ではなかったのです。

 

それは相手が悪いというのではなく、再婚ということに対して、

私の考え方、意識が全く現実的ではなかったからです。

 

なにしろ、ついこの間まで何事もない普通の幸せな家庭で、

普通に夫婦げんかをしつつ、明るく暮らしていたのですから、

人生を50年、60年と生きてきて、考え方も全く違った人と、

すぐさま「ハッピー」にマッチングするという

ことなど有り得ないのです。

 

結果的に何十人と会いましたが、まとまることなく、今度は、

街の相談所的な「お見合いおばさん」のいるところに、

これまた30万円くらい支払って活動を始めました。

 

顔写真の入ったデータを見ながら申し込みますが、

先方から「会いましょう」という返事が相談所に来てから、

どこかのホテルのロビーというようなわかりやすい

ところで落ち合い、お茶を飲みながらの「探り合い」が始まります。

 

中には「すぐにでも結婚したい」という人がいましたが、お断りしました。

 

逆に「この人はタイプだ」ということで申し込み、成立直前に断られる

ということもありました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

先方はこちらの年収や条件(死別か離別かなど)を見ながら考えています。

 

そのうえで話し合い、気があったら、お付き合いしますが、

生きてきた道が違うので、なかなかマッチングはしないのです。

 

それに子供にも了解を取らないと「新しい連れ合い」は決められません。

 

結果的に、私が再婚できたのは3つ目の相談所に入り、

さんざん苦労したうえでやっと出会えたものでした。

 

なぜまとまったかといえば、条件が合っていたのです。

私の最初の考え方は、「生活費は自分がすべて持つ」というものでした。が、

年金生活になり、お互いの経済状況で出し合って暮らそう、このような条件にしました。

 

無理をして見栄を張っても駄目なものは駄目なので、本当のことを話し、

「それでよかったら」ということで話がまとまったのです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました