チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


CT検査2回で20ミリシーベルト原発事故の避難目安になります

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

「とりあえずCT」の被ばく線量は、 国が避難目安にした数値と同じ

 

CT検査では、360度全方向から体にX線を当てて、検出結果をコンピュータで計算し、
人体の輪切り映像を見て診断しますので、被ばく線量はX線撮影の200~300倍です。

 

これはたった1回のCT撮影でも、溌ガン死亡のリスクが生れる被ばく線量になるのです。

 

具体的には、45歳の人の場合、全身CTを1回受けただけで1万人中8人(0,08%)、
30年間毎年同じ検査を受けると、1万人中190人(1,9%)が
「被ばくにより発ガン死亡する」と推定されています。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

胸部だけのCT検査でも、医療被ばく線量は信じられない数値になります。

 

原発事故のあと国が避難の目安にした「年間」の被ばく線量は20ミリシーベルトでした。

 

胸部CT検査は1回でその半分、10ミリシーベルト前後に達します。
しかも一般的に「造影CT]といって、1回撮影したあと、
造影剤を静脈に注射しながらもう一度撮影しますので、2回で20ミリシーベルト。

 

腹部・骨盤CTはさらに被ばく量が多く、1回で20ミリシーベルト。
造影CTまでやればその倍になるのです。

 

しかも、日本で行われているCT検査の8~9割は、必要のないものです。

 

またレントゲン検査は、病院の検査は比較的あんぜんですが、
会社や地域の検診を検診車で受ける場合は要注意必要です。

 

検診車のレントゲン装置は間接撮影装置なので、
病院に設置されている直接撮影装置に比べて、
被ばく線量が3~10倍多くなると言われています。

 

アメリカでは取りやめられた間接撮影装置を、日本は今も使っています。

 

欧米での医療の専門家たちは、医療被ばくの溌ガン
リスクを前提にして、患者保護に動いています。

 

しかし日本ではいまだに、医者も患者も「とりあえずCT]「何でもCT]。

 

国民の被ばく線量は増え続けて、今、ガン死の原因の6%を
超えているという説もあります。

 

日本で医療被ばくによるガンで死くなる人は推定、毎年2万人前後。
CT検査で被災しないように、くれぐれも注意してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

PAGE TOP