チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


医者にかかる前に、必読、ガンの9割は、治療するほど命を縮めます

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク



 

日本人の9割は、治療するほど命を縮める

 

また日本人のガンの9割は、治療するより
放っておいたほうが、元気に長生きできます。

 

かってニュースキャスターの逸見政孝さんが、悪性度の高い
スキル胃ガンであることを世間に初めて公表し、大手術をして
3ヶ月ぐらいで亡くなりました。

 

僕は20年以上にわたり、「ガン放置患者」150人以上を診てきましたが、
スキルス胃ガンであっても、数ヵ月で亡くなった人はゼロ。

 

普通に暮らしながら、3年から9年も生きた人が何人もいます。

 

 

スポンサーリンク



 

抗ガン剤は効くのか?

 

また抗ガン剤は、猛毒です。

 

抗ガン剤が効くというのは、「ガンのしこりを一時的に小さくする」
だけで、ガンを治したり、延命に役立ったりするわけではありません。

 

日本人のガンのほとんどを占める、胃ガン、乳ガンなど
かたまりを作る固形ガンには、抗ガン剤はまったく無意味。

 

つらい副作用と寿命を縮める作用しかありません。

 

ガン健診は、有効か?

 

では、ガン健診はというと、有効という証拠が一つもありません。

 

ガンをいくら「早期発見・早期治療」しても、1960年代から、
ガンで死ぬ人の割合は下がっていない。

 

症状がなくて検査で見つかったガンはほぼ、命を奪わない「ガンもどき」。
本物のガンならすでに転移しているので、切除術や抗ガン剤治療は無意味です。

 

どちらにせよ、ガンはできるだけ放置したほうが、ラクに長生きできます。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP