チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


医者にかかる前に、高血圧に関するガイドラインのからくりを知っ得

こんにちは
見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

スポンサーリンク



 

高血圧のガイドライン操作で、薬の売り上げが6倍になった話

 

高血圧患者が4千万人、高コレステロール血症3千万人、糖尿病は予備軍を
含めて2300万人・・・と、
日本にはすごい数の「病人」がいることになっています。

 

これは、薬を売るための策略としか思えません。

 

「このぐらいからは治療したほうがいいよ」という高血圧の基準が、
たいした根拠もなくどんどん下がっているんです。

 

長い間、最高血圧の基準は160mmHgだったのが2000年に140に、
2008年のメタボ検診ではついに、130にまで引き下げられています。

 

50歳を過ぎたら「上が130]というのは一般的な数値ですから、
たいてい高血圧患者にされ、降圧剤を飲んで「治療」するハメになる。

 

その結果、薬品業界はホクホクです。

 

1988年には降圧剤の売り上げがおおよそ2千億円だったのが、
2008年には一兆円を超えて、20年間で売り上げが6倍に伸びています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

血圧商法、大成功ですね。総コレステロール値も、日本人は高いほうが長生きだと
10年以上前からわかっているのに、基準値はなかなか上がりません。

 

コレステロール低下薬のスタチン類は年間2600億円の売り上げがあって、
関連医療費はその3倍と言われています。

 

問題は、血圧やコレステロールを薬で下げると、
数値は改善しても早死にするリスクが高くなること、
世界中の、数万人規模の追跡調査でははっきりしています。

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

PAGE TOP