団塊世代同窓会は少年に戻れるので積極的に参加してみてはどうですか

 

 

 

同窓会で少年に戻る、そして昔を懐かしむ

 

 

退職して、世間とのつながりの場が少なくなると、
孤立化が進み、精神的に良くありません。

 

私たちは社会とかかわる事で、己のありようを実感しているからです。

 

団塊世代この歳になると、小学校や高校、
大学の同窓会がいやに多くなります。

 

昔が懐かしくなるのでしょうか。

大切なつながりなので、いまのたちばに関係なく、
進んで参加し、近況を確かめ合うのもよいものです。

 

ぜひ、お勧めします。

 

実は私も一時は出ていませんでしたが、
意を決して出るようにしました。

 

気持ちが沈んだり、生活がうまくいかないときは出たくないのも
わかりますが、そういうときこそ参加した方が良いと思います。

 

私の同窓会で盛んなのは高校です。

 

毎年、同窓会では、カラオケあり、天気が良ければ散策、
さらには、ステーキを食べるなど、いくらでも楽しみ方が
ありますが、会費は1万円ぽっきりと決めています。

 

宴会の前から、級友がいつも用意してくれる
山菜の漬物をつまみつつ、ビールを飲んで盛り上がります。

 

事前宴会ですでに盛り上がり、本番の夕食時はビールの注文は最小限。

 

もっぱら、カラオケに力を注いで楽しんでいます。

カラオケには必ず「おれは無理だ」という奴が出るので、
私が選曲とセットを担当して「問答無用」で、
全員に歌わせることにしています。

 

スポンサーリンク

 



 

 

この同窓会が毎年行えるのは、世話好きの幹事、
場の盛り上げ役など重要な役目を果たす、
世話役の存在があるからです。

 

残念なのはこの歳になって、集まれるメンバーが
15人になってしまっことですが。

それでも80歳を超える担任の先生がわれわれ生徒顔負けの
元気さで参加されるので、このときばかりは高校生に戻って、
ワイワイガヤガヤやっています。

 

参加者の顔ぶれをみると、大体はきまっていて、
知っていても来ない人も多くいます。

 

前の役職や職業に関係なく、同級のじだいに戻るので、
変に格好をつけないで楽しみたいものです。

 

なんやかんやと理由をつけて参加しない人もいますが、
それはさみしい老後です。

 

なんでも忌憚なく、気を使わないで話せるという同窓会の仲間は
二度と作ることはできないのです。

 

いくつになっても、若い時にかえれるこの機会をにがさないで、
出不精にならず、積極的に参加してみてはどうでしょうか。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました