チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


大きい病院にとってあなたは、患者ではなく被験者、それってホント?

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

大病院に行ってはいけない三つの理由

 

 

病院に近づかないほうがいいてゃいえ、駆け込まなければならなこともあります。

 

 

そういうとき、どんな病院を選んだらいいか。大学病院、日赤、国立ガン研究センターなど、
いつも病院ランキングの上位にいる、大きい病院。これは、おすすめできません。

 

 

僕は、患者さんに治療が必要なときも、こういうところは紹介しません。

 

 

ひとつは、
患者の数が多い有名な病院になるほど、ひとりひとりの患者に対しては、
扱いがどうしてもぞんざいになるし、流れ作業的になるから
です。

 

 

二つ目は、大きい病院ほど実験的なことに力を注ぐようになっています。

 

 

たとえばガンという病名がつくと、インフォームドコンセントを徹底しています。

 

 

それによって、新薬の実験がやりやすくなる。すると製薬会社からお金が入ってくるから、
病院のお経営上も都合がいいわけです。

 

 

三つ目。病院のランクが高いほど、メンツにかけて病気を見逃がすわけにはいかない。

 

 

すると患者さんは、どういう目にあうか。行ったら最後、徹底的に検査されます。

 

 

スポンサーリンク

 



 

検査項目の多くに「基準値」があり、健常人でも5%が「基準値外」になる設定です。

 

 

すると10項目検査すると、少なくとも一項目が「基準値外」と診断される人が40%も生じます。

 

 

30項目検査したら、少なくとも一項目が「基準値外」と診断される人は78%
8割が「病気」「異常」になってしまう。そしてとlこととん治療されます。

 

 

ガンなら「手術も放射線も抗ガン剤もやろう」みたいなことになって、
結局どれも患者さんが苦しんだだけ、というケースが多いです。

 

 

最高の治療を受けるつもりで行って、過剰医療の標的になってしまう。
皮肉なことに、
社会的なステータスの高い人のほうがむしろ、
「任せておけば、うまいことやってくれるだろう」と専門家を信じきって、
犠牲になりやすい傾向があります。

 

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



PAGE TOP