団塊世代夫婦でジムに通いましょう、歳を重ねると一番弱ってくるが足腰です。

 

 

 

夫婦でジムに通おう

 

「元気な老後」をできるだけ長く生きるためには、

夫婦二人だけになっても家に閉じこもらないで、どんどん表に出て

体を動かす活動的な生き方をしたいものです。

 

歳を重ねると、一番弱ってくるのは足腰です。

 

ここがやられると家に閉じこもるようになり、

内臓の働きが悪くなり、精神的にも暗くなって病気に

かかりやすくなるので、決して良いことではありません。

 

私の近くにはジムも公のスポーツセンターもあります。

ここに通って、汗を流したりしています。

 

あなたもぜひやってほしいと思います。

特に、公共のスポーツセンターの料金体系はきわめて安いので、

ジムでも卓球、水泳、ゴルフなどが気軽に楽しめます。

 

民間のジムとなれば、インストラクターがついていて、あなたの体力にあった
身体の負荷に対するメニューを作成し、どのくらいの脈拍や血圧、さらには運動の種類、
「ここまで来たらやめる」などのアドバイスをしてくれます。

 

同じ目標をもつ仲間と会話すると励みにもなる

 

ここには夫婦で一緒に行ってもいいでしょうし、それが不可能ならば、

交代でも、時々一緒でもいいではありませんか。

大切なことは最初から決めつけて窮屈にならないように

「スローライフ」を基本的な考え方にして、

体を動かし、元気な体を維持していくことです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

最近はウイークデーは高齢者でいっぱいです。

それだけ健康を考え、気分の良い毎日を送りたいと考えている人が

多いことを示しているのです。

 

家にいて食べてばかりは決して良いことではありません。

 

太るのはもちろん、中性脂肪やコレステロールなどの成人病の

疾患の要因になりますので、無理のない回数でジムに通うのはお勧めです。

 

元気な老後はせっかく、若いときに働いて残された人生ですから、

病気にならず、相手にも迷惑や心配をかけないで生きていく考え方を

持たなければならないのです。

 

私も定期的にジム通い、筋力アップに努めていますが、

趣味のゴルフには大変、効果があるようです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました