子供が熱を出したとき、おでこに手を当てると、ふしぎないやし効果が

見本市ブログです。

今回は私が読んで衝撃を受けた

2013年ベストセラーランキング第一位

菊池寛賞受賞 書籍のご紹介をします。

 

 

 

「手当」でストレスを癒す

 

1日20分触れると、暴言や暴力癖が治る!?

 

幼いころ、熱が出たりおなかがいたくてないていると、
ははおやが「どれどれ」と、おでこやお腹に手を当ててくれた。

 

 

そのまま手のぬくもりに安心して、コトッと寝てしまった。病院で
お医者さんが「すぐラクになりますよ」とポンポンと肩をたたいてくれたら、
ウソみたいに痛みが消えた・・。

 

 

魔法のような「手当て」の記憶をお持ちのかたは多いと思います。

 

 

愛情をこめて、手を当てる。最もシンプルで、医療がどれだけ進歩しても、
何ものにも代えがたい、癒しの原点です。

 

 

痛みも苦しみも、「愛情に満たされる」「不安をやわらぐ」ことで、
驚くほど軽くなったり、症状が消えたりします。

 

スポンサーリンク

 



 

 

北欧には、認知症のコミュニケーションツールとして確立されている
緩和ケア療法「タクテイールケア」があります。

 

 

1960年代にスウエーデンの看護師が、未熟児をそっとなでると体温が安定し、
体重が増えることに気づいて広めました。

 

 

タクテイールケアは「触れる」という意味のラテン語「タクテイりす」に由来し、
「皮膚を通したコミュニケーション」に重点をおいています。

 

 

背中や手足をなでるように触れることで信頼の絆を深め、
不安やストレスをなだめる療法です。

 

 

スウエーデンでは、保育所の子どものケアにも取り入れられています。

 

 

タクテイールケアは指圧やマッサージのようなに、
筋肉を押したり、もみほぐすことはありません。

 

 

たとえば背中のケアなら、両手の平を患者さんの背中にそっと当てて、
包み込むようにゆったりと、時計回りの大きな円を描きます。

 

 

患者さんは体から力が抜けてリラックスし、
呼吸が深くなって、眠ってしまう人もいます。

 

 

浜松医科大学では2009年、認知症の高齢者を対象に6週間、
タクテイールケアの効果を調べる実験をしました。

 

 

1日20分ずつケアを受けたグループは、ケアを受けていないグループに比べて、
暴言や暴力などの攻撃性が弱まりました。

 

 

また、ケアを受けた群のほうが、記憶などの認知機能が
衰えなかったと報告されています。

 

 

引用文献

第60回菊池寛賞受賞者

2013年ベストセラーランキング第一位

医者に殺されない47の心得
医療と遠ざけて、元気に、長生きする方法

著者  近藤 誠

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました