団塊世代料理にこだわる体力作り、食事で一番気を付けたいのは野菜不足です。

 

 

料理にこだわる体力作り

 

スーパーマーケットは食のデパートです。

そこには旬のものがたくさんあります。

 

野菜や魚、肉などをしっかりとって元気な毎日を過ごしましょう。

 

一人暮らしでも、夫婦でも「めんどうだから作りたくない」。

これは老化の始まりです。

 

食材を買い込んで、あれこれ考えることが脳を活性化させます。

料理本やテレビ、インターネットを見てレシピを考えるのも、

脳にはいいでしょう。

 

何にしても、スーパーの食材は新鮮です。

どのような料理法でもいいではありませんか。

 

自己流でもいいから食材を使って作るのが一番体にはいいのです。

 

食事で一番気を付けたいのは、野菜不足です。

これを補うために、「温野菜」を自宅で作りませんか。

 

鍋でもいいし、もっといいのは「タジン鍋」です。

これは温野菜を作るのに適していて、

日本でも流行っています。

 

水を使わないで、野菜などの素材から出る水分で蒸せば、

いろんな料理ができて美味しいのです。

 

肉やソーセージなどを入れれば、なお美味しくなります。

 

スポンサーリンク

 



 

 

タジン鍋は、もともとは北アフリカに始まり最近では

モロッコ、アルジェリア、チュニジアで盛んに使われています。

 

皆さんも、ぜひ用意して作ってみてください。

鍋はデパートなどで売っています。

 

団塊世代は基礎代謝の衰えがでてきます

 

また、ほかにも高齢者が注意すべき食習慣については

次のことが言われています。

年齢が増すにつれて体のさまざまな機能が衰えてきます。

その最大のものは基礎代謝の衰えです。

 

運動量が少なくなっている高齢者にとって、

特に気をつけたいことは「低栄養状態」です。

 

運動量が少なければお腹も空きませんし、

若いころに比べると消化器官も弱ってきていますから、

どうしても小食になってしまいがちです。

 

小食になって体内にとりいれる栄養量が少なくなると、

人間の体は蓄えていた栄養を使って代謝を行い、

体力を維持しようとしますので、

徐々の体重が減ってきて「瘦せる」という結果を招きます。

 

せっかく長年かかって蓄えた栄養を使ってしまうと、

免疫機能が低下して、

感染症にかかりやすい「低栄養状態」になってしまうのです。

 

この点はぜひとも食生活で注意して頂きたいのです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました