本当の病気は、対症治療ではガンが再発する!根本を解決すべきです

こんにちは

見本市の出展者を応援している
見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

根本原因を解決するのが大事です。

 

ガン患者の、ほぼ全員に悪臭便と便通異常があると言われています。

 

悪臭便と便通異常の原因は、大腸内が悪玉菌占有率の
高い状態になっている証拠です。

 

大腸内で、食べた物が腐敗しているという証拠です。

 

悪臭とは、腐敗臭のことです。

 

発酵とは、善玉菌の分解活動の事で、腐敗とは、悪玉菌の分解活動の事です。

 

人間の歯は、32本生える。その歯形を見れば、
人間は何を食べるべきなのかを知ることができます。

 

歯形に従った食事内容は、20本が臼歯(穀物)

 

8本が門歯(野菜・海藻)4本が犬歯(肉・魚)です。

 

だから、この歯形に従った食事なら、腐敗臭は発生しないはずです。

 

歯形に従った食事をしていないからこそ、悪臭便と便通異常が起きるのです。

 

歯形に従った食事に改善しないまま、水素水を飲んで悪臭(腐敗臭)が
消えたと、喜んでいますが、これは根本原因を解決しないまま、
対症治療である水素水を飲んでいる姿です。

 

現代医学の病院が行っている対症治療と同じなのです。

 

スポンサーリンク

 



 

 

根本原因を解決していないので、水素水を飲むのを
中止すれば、再び悪臭(腐敗臭)が発生してしまいます。

 

歯形に従った食事内容に変えて、善玉菌占有率の高い腸内環境に改善すれば、
悪臭(腐敗臭)は消えて、便器や紙が汚れないでスムーズな排便になるのです。

 

 

根本原因の解決すれば

 

 

腸内環境は、2~3日あれば簡単に変わります。

 

病気の予防も、治療も、歯形に従った食生活にする事です。

 

悪臭便も便通異常も、解決します。

 

同じ便通異常と言っても、50年も60年も長年にわたり便通異常が
続いている人の中には、大腸の形が大きく変形している人や、

 

大腸のせん動運動が全く行われない人がいるので、一概には言えません。

 

だから中には、便通異常が簡単に改善されない人もいますが、
悪臭(腐敗臭)の発生しない食生活が基本であり

 

、歯形に従った食生活を心掛ければ、徐々にせん動運動が
行われるようになり、改善します。

 

歯形に従った食生活と低カロリーの食生活と消化の悪い食生活が3つの基本。

 

人間は動く発酵工場です。

 

発酵(分解)していない食物を食べ、体の中で発酵させながら生きています。

 

3大栄養素は、人間が生きていくために重要な「エネルギー」や、
筋肉を作る原料ですので、3大栄養素を分解する酵素を
体内で分泌させて、エネルギーと肉体を作っています。

 

非栄養素(繊維質)にかんしては、分解する酵素を人間はもっていないので、
消化吸収されないまま小腸を素通りし、大腸管の中で腸内細菌が分泌する
酵素で分解されて、

 

核酸・酪酸・乳酸・ビタミンB群・セロトニン・各種ホルモンなど、
3大栄養素以外の成分が産生されています。

 

日本の伝統食が良いというのは、栄養がなくて
繊維質が豊富な低カロリー食だという事です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました