チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


本当の病気になったら、ガンは、生活習慣の中に根本的な原因があるのです。

こんにちは
見本市ブログです。

私はかかりつけの医院で誕生月の健康診断で
大腸ポリープが見つかりました。
そこは入院設備が無いために
院長先生の勤務していた大きい病院を紹介して頂き
同僚の先生を紹介してくれました。

 

紹介して頂いて安心して手術を受けることができて
お陰様で手術は成功することができましました。
私にとってその同僚の先生には
今も感謝しております。

 

今は体を動かす事で脳幹トレーニングしています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

厚生労働省によると

 

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、
その発症・進行に関与する疾患群」と定義されている。

 

しかし、ガンの原因が自分の生活習慣の中にあると認識している人が、
どれだけいるだろうか?中でも、最も重要な生活習慣だと思うのが
運動習慣である。

 

食習慣が悪い人でも、毎日飲酒、喫煙をしている人でも、その中で運動を
している人達だけは、ガンになる人が非常にすくないのだ。

 

人間は動物である。動物の体の構造をみると、体を動かすことで、
あらゆる機能が働く構造になっていると解ります。

 

スポーツをする人達が、肉食中心の食生活であるのにガンにならないのは、
正常に脳幹が機能しているからであり、ガン細胞ができると、
すぐにアポトーシスを引き起こしてガン細胞を消去してしまうからです。

 

80代90代の高齢アスリート達も、同じことが言えるのです。
ガンのできる原因が解ったら、自分が体を動かしていないことを反省して、
しっかりと体を動かすことです。

 

特別に、スポーツする必要はないと思います。便利なものに頼って
楽をすることなく、日常生活の中で体を十分に動かすことです。

 

毎日、家の中の掃除をしても良いと思います。あまり頭の中で、難しく
考え過ぎないで、買い物に行く時は歩いてゆく事にします。

 

一度に持てないほど沢山の買い物をするより、自分の手に
持てるだけの買い物をすれば良いのです。

 

さあしっかりと体を動かす生活に、自分を戻しましょう。
体を動かす事の大切さを、改めて認識するはずです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

現代医学は、対症療法と呼ばれる治療方法で、ガンの治療を
行っているだけで、ガンができる根本的な原因を追究しません。

 

対症療法=原因療法(根本療法)ガンの再発は、根本的な原因を
解決していない為であり、新たなガンができて死んで逝くのです。

 

冷え性を、外から体を温めても「対症治療」であり、根本的に解決しません。
いつまで経っても、冷え性の根本的な原因は解決しません。

 

『論より証拠』自分の脳幹を鍛えてみれば、納得するでしょう。

 

現代医学は「対症療法」であり、健康食品も「対症療法」です。
だから、対症療法の手術の後に、ガンが再発したり、
健康食品をやめれば、元の状態に戻るのです。

 

人間の体内には、「脳幹」と呼ばれる素晴らしい機能が
備わっていることに、早く気付いて下さい。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP