チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


本当の病気になったら、抗ガン剤や放射線治療を受けてもガンで死ぬ人・治る人はなぜだろう 

こんにちは
見本市ブログです。

私はかかりつけの医院で誕生月の健康診断で
大腸ポリープが見つかりました。
そこは入院設備が無いために
院長先生の勤務していた大きい病院を紹介して頂き
同僚の先生を紹介してくれました。

紹介して頂いて安心して手術を受けることができて
お陰様で手術は成功することができましました。
私にとってその同僚の先生には
今も感謝しております。

今は体を動かす事で脳幹トレーニングしています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

玄米食で食事療法を実行しても、死ぬ人と 治る人がいるのは、なぜだろうか?

 

こたえは、人体に備わっている脳幹機能の違いです。脳幹機能の事を一般的には、
自然治癒力とか事故免疫力とか表現されていますが、具体的には脳幹機能の事を
言い表しています。

 

脳幹が100%機能している人の場合には、ガン細胞ができても、
すぐにアポトーシスを引き起こしてガン細胞を消去してしまいます。

 

現役スポーツ選手が、肉食中心の食生活であってもガンになる人がいないのは、
毎日、体を十分に動かしているので、脳幹が十分に機能している証拠です。

 

ところが引退後、体を動かさない生活になるとガンになっているのです。
80代90代の高齢アスリート達は、ほとんどの人が肉を食べていますが、
ガンになる人はいないそうです。

 

人間は動物ですので、体を十分に動かす生活をしている時には、脳幹が十分に
機能していますので、ガンができても、脳幹がアポトーシスを引き起こして
消去させているのだと思われます。

 

抗がん剤を使っても、脳幹が70%前後機能している人は、ガンが治る可能性が
ありますが、脳幹が40%前後しか機能していない人は、死ぬ可能性が高いのだと
思われるのです。

 

同じように玄米食を実行しても、ガンが治る人と死ぬ人がいるのは、
脳幹機能のちがいです。

 

スポンサーリンク



 

 

昔、電気製品が無かった時代には、掃除も洗濯も炊事も、
体を動かして行っていました。ところが現代は、
電気製品が次々に普及して、掃除も洗濯も炊事も指先一つです。

 

人間は動物ですが、動物の体に備わった動く為の機能を使わなくなりました。

 

その結果、脳幹が機能低下してしまい、脳幹が十分に働かなくなったのです。

 

ガンが治細胞を消去できないのは、脳幹虚弱が原因です!玄米食の実行で、
血液はキレイな血液になります。

 

しかし、既にできてしまったガン細胞を消去するのは脳幹の働きですので、
脳幹が40%前後しか機能していない人は、ガンを消去できないのです。

 

健康食品は、対症療法です。その証拠に、健康食品を
飲むのを止めれば元に戻ってしまいます。

 

病気が起きる根本的な原因を解決していない為、
飲むの止めると元に戻ってしまうのです。

 

病院で行われる治療は、対症療法です。ガンができた根本的な
原因を解決しないまま、ガン細胞を切除しているだけです。

 

ガンができた根本的な原因を解決していないので、再びガンができるのです。

 

脳幹トレーニングは、原因(根本)療法です。病気が起きた根本原因を解決して
しまうので、脳幹トレーニングを止めても、簡単には元に戻らないのです。

 

動物である人間の脳幹機能が弱ると、人間の免疫力・自然治癒力が弱り、
ガン細胞ができたとしてもガン細胞のアポトーシスをを引き起こして
消去する事が出来なくなります。

 

ということは、ガンは脳幹虚弱が根本的な原因だと言えるでしょう。

 

脳幹トレーニングを行うことで、ガン細胞が簡単に消去するのは、
脳幹の機能が回復した証拠であり、脳幹がガン細胞のアポトーシスを
引き起こして消去したのです。

 

現代医学は対症療法であり、健康食品も対処療法です。
だから、手術後にガンが再発したり、健康食品を飲むのを止めれば、
元の状態に戻ってしまうのです。

 

自分の脳幹を鍛えて、根本的な原因を解決すべきです。
その事に早く気付いてください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP