チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


本当の病気になったら、昔とは違い、現在は医者を活用する時代です。

こんにちは
見本市ブログです。

私はかかりつけの医院で誕生月の健康診断で
大腸ポリープが見つかりました。

 

そこは入院設備が無いために
院長先生の勤務していた大きい病院を紹介して頂き
同僚の先生を紹介してくれました。

 

紹介して頂いて安心して手術を受けることができて
お陰様で手術は成功することができましました。

 

私にとってその同僚の先生には
今も感謝しております。

 

 

スポンサーリンク



 

 

今と昔の医療の考え方が違ってきた

 

理想はさておき、現状を踏まえると、一人の医者に命のすべてを
おまかせするという姿勢は、圧倒的に不利な状況です。

 

勝率がほとんどいないギャンブルに挑戦するようなものです。

 

むしろ医者はうまく活用するものだという考えに切り替える
必要があります。この考えになじまない方も多いと思います。

 

特に年配の方にはなじまない考えかもしれません。

 

しかし、今は昔と違って病気の種類が様変わりしています。

 

昔は感染症が猛威を振るっていました。

 

したがって病気の原因は病原菌だということで、非常に単純でした。

 

もちろん患者さんの栄養問題も大きかったと思いますが、原因が単純である以上、
特効薬や特効治療というのもイメージしやすかったと思います。

 

したがって、医者に頼り、薬に頼るという考えもありがち
間違いではなかったのかもしれません。

 

しかし、今はほとんどが慢性疾患です。原因は一様ではありません。

 

したがって治療とも一様ではありません。ということは、
一人の専門医だけでは不十分だということになります。

 

 

スポンサーリンク



 

 

患者さんが下手に出て、主治医におうかがいを立て、
それに従うという図式はもう古いのです。

 

というよりもむしろそれは危険な発想と言うべきかもしれません。

 

主治医に義理立てする、浮気をしてはいけない、ほかの先生に相談するのは
失礼だ、というのは、昔の医療ではありえたかもしれませんが、

 

チーム医療を理想とする現在においては、自分の命を危険にさらす考えだと
思います。遠慮しないでいい医者を選びを、自分のために活用すればいいのです。

 

医者は患者さんが治ればそれで万々歳なのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

PAGE TOP