本当の病気になった時に、有名教授には意外とたよれない

こんにちは
WordPress見本市ブログです

私はかかりつけの医院で誕生月の健康診断で
大腸ポリープが見つかりました。

 

そこは入院設備が無いために院長先生の勤務していた
大きい病院を紹介していただき同僚の先生を紹介してくれました。

紹介して頂いて安心して手術を受けることができて
お陰様で手術は成功することができましました。

私にとってその同僚の先生には
今も感謝しております。

 

 

スポンサーリンク



 

 

教授は専門分野以外は知らない

 

中にはこんな方もいらっしゃるかもしれません。

 

「私は○○大学の教授と友達なのでラッキー!」確かに一見ラッキーそうです。

 

しかしこれが案外、アンラッキーかもしれないのです。

 

というのも、そういった事例があまりにも多く、
注意を喚起しておいた方がよいと思うからです。

 

大学の教授は、自身の専門分野以外のことはあまり知りません。

 

そのようなことがあって、頼まれごとは、たいていは部下に
振ることがことが多いのです。

 

振られた部下は、内心は迷惑ですが、表立ってはそれが言えません。

 

したがって、逆らわず従わずの原則で、それほど親身には動きません。

 

適当で無難な選択をする公算が大なのです。結果はもう、おわかりですね。

 

決していいチームはできないということです。そもそも教授の紹介患者という
のは、病棟のみなさんにうっとうしがられます。

 

決して好かれることはあまりりません。皆さんも想像にかたくないと思います。

 

そんな患者さんが退院すると、病棟はほっとするのが普通です。

 

そんな存在になるのは。やはり避けた方がいいに決まっています。

 

つまり、教授と親しいからこそ危ないのです。

 

したがって、友達の医者は、できればめちゃくちゃ偉くない方がいいと思います。

 

めちゃくちゃ偉い医師は、裸の王様状態です。

 

誰も意見をしないということもありますが、結局は友達がほとんど
いないことが災いするのかもしれません。

 

有名人が本当の病気になると少し厄介です。とりまきがあまりに多すぎて、
結局は有名大学の教授の意見に従うはめになるケースが多いのです。

 

もちろん3大治療しかメニューにはありませんので、
うまく治療が進むはずはありません。

 

したがって、あっさりと鬼籍に入るというケースが多いのは、
皆さんもよく知るところだと思います。

 

スポンサーリンク

 



 

 

僕自身、皆さんもよくご存じの有名人から、間接的にですが、
アドバイスを求められたことが何度かあります。

 

間に入った人はもちろん僕の友人ですので、
僕も本音でアドバイスをしました。

 

しかしながら、あまりに有名になりすぎると、自由がきかないのかもしれません。

 

結局は、有名大学附属病院の治療方針にしたがい、坂を転げ落ちるように、
みるみるうちに悪化していってしまいました。

 

有名になると、一見自由度が高まるように見えますが、
実際にはどんどん不自由になっていくのかもしれません。

 

そんなこともあり、あまり有名になってはいけないよと、
周りの大事な人たちには言っています。

 

スポンサーリンク

 



 

読者に感銘を与えたベストセラー

これは「9割の病気は自分で治せる」の引用文献です。

著者  岡本 裕  医学博士

 

WordPress見本市ブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

           詳しくはこちら⇒https://elegrance.com

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました