チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


毎日、5000個のガン細胞が体内で作られます。どう消去するか?

見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

人間の免疫機能が正常であるべきです。

 

毎日、5000個のガン細胞が体内で作られていると言われています。
しかし、人間の免疫機能が正常に働いていれば、

 

ガン細胞は瞬時にアポトーシスが引き起こされて消去されますので、
ガン細胞が大きくなる事はありません。

 

無意識で行われる人体機能は、全て脳幹でコントロールされており、
脳幹機能の事を《免疫力》とか《自然治癒力》と呼んでいるのです。

 

脳幹機能が正常に働いていれば、ガンを恐れる事はありません。

 

でも現在人は、毎日の便利な生活に慣れてしまい、
体を動かさない生活習慣になったのです。

 

その結果、脳幹機能が衰えてしまい、ガンなど、生活習慣が
原因で起こる<生活習慣病>が蔓延しているのです。

 

使わないものは、退化する!

 

使わないものは、退化すると言われるように、あらゆる人体の機能が退化します。

 

人間と呼ばれる動物の体の中で、最も重要な
機能である<脳幹機能>が退化しているのです。

 

脳幹は、大脳の下にある“神経の塊”です。脳の中心で、
巨大な脳を支えるのが「脳幹」です。

 

脳幹は、系統発生学的に最も古い脳であり、心臓を中心とした
血液循環・血圧調節・体温調節・血糖調節・水分調節・呼吸

 

・嚥下といった、生命活動の基本を司る中枢であり、神経の伝導路です。

 

脳幹は、別名「動物脳」と呼ばれ、生きようとする
本能(行動力)を司るっています。

 

自律神経など、全て神経をコントロールする免疫力
・自然治癒力の司令塔です。

 

東洋医学では針・指圧・刺絡療法など、ツボを刺激する方法を用い、
自律神経の調節をする事で免疫力を上げる治療法が行われますが、
これは脳幹に対する刺激です。

 

笑い療法・その他、各種の治療、そして心肺停止の人に行うAEDなど、
それぞれ刺激療法や刺激の強弱は違いますが、これらは全て、
脳幹に対する刺激を行っているのです。

 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGE TOP