チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影  現地まで案内にしたがって向かう途中の参加者

チバニアン見学会 現地の写真撮影 civanian kigakuki genchino shamisana

チバニアン見学会 現地の写真撮影

チバニアン見学会の写真撮影 茨城大学教授 岡田誠教授の現地調査など何度となく現場を訪れたこれまでのご苦労などをお話をされました。現地では参加者に詳しくご説明をして頂きました。


その手があったか!生前贈与の基礎控除で相続税を少なく、特例による非課税枠があります

こんにちは
WordPress見本市ブログです

 

 

生前贈与の基礎控除で相続税を少なく

 

親は生前に計算して、明らかに相続財産基礎控除を上回ることが

わかれば、生前に贈与してできるだけ課税対象の財産を減らす

対策を行うのが一般的です。

 

財産を残す側い入るあなたは、この方法を知っておき、

あらかじめ計画的に生前贈与を行うことがベターと考えます。

 

ただし、相続人が浪費家であり、「美田があだになる」

ようであれば、それはしないでおいて、相続税を支払うのも

生きた証と国に納付するのもひとつの方法かと考えます。

 

生前贈与の基礎は知っておいた方がよいでしょう。

 

ひとつの方法は子供たちに年間110万円の贈与の基礎控除の

制度を活用してこれを5年続ければ、550万円の人数分。

 

たとえば、4人であれば2200万円が相続財産から生前に

非課税で相続人に移転出来るのです。

 

しかし、お金を実際に振り込んでいても確たる証拠がないと、

税務署から否認される可能性がありますので、

 

基礎控除の対象である110万円だけではなくて120万円を贈与して、

10万円の贈与の税金を支払ってそのデータを残すのもひとつの方法です。

 

 

スポンサーリンク

 



 

このほかに非課税の生前贈与は2つあります。

 

①相続時精算課税の特例による非課税枠2500万円,

②夫婦間の贈与の特例による非課税枠2000万円です。

ただし、年間110万円の基礎控除のと①の2500万円は同時には使えません。

 

②の2000万円は夫婦どちらかが住宅取得を目的に贈与したときに

非課税金額が2000万円まで認められます。

 

また、①の2500万円の活用には条件があります。

 

65歳以上の親から子への贈与に限られます。

 

ただし、現金でも住宅でも可能です。

 

②の夫婦間の贈与は、自分たちが住まう家でなければなりません。

 

たとえば、賃貸用の資産運用のための住宅は対象外です。

 

このほか、生前贈与についてはさまざまな条件がありますので、

詳しいことは専門家に相談して間違いのないようにしてください。

 

財産の移転を行うことが、あとで後悔しない大切な要件ですから、

素人判断は避けるようにしてください。

 

相続税は税務署に聞くのが一番安心で不安がなくなります。

 

相続税はあくまでも決められたことですから、脱税や

税の申告漏れはいけませんが、税を軽減するために、

適法に相続人(親など)から生前贈与を受けて、

 

これも控除の範囲内で行なうなどの対策が行われて

いますので、結果的に相続税を支払って相続する人が

きわめて少なくなるのです。

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



 

 

PAGE TOP