団塊世代生命保険は再検討を、高齢者は「入院給付金」のついた生命保険が必要

 

 

 

生命保険は再検討を

 

 

私たちの年になれば、病気になる確率も増えるし、

入院の可能性だって高くなります。

 

そこで必要なのは「入院給付金」のついた生命保険です。

 

これに入っていれば、入院1日に付き、5000円とか、

1万円の支払いを受けられるので、大変助かります。

 

保険料は加入した年齢と、男女によって違います。

 

まだ加入していないとすれば、70歳でも加入できる保険が

あるのでできるだけ加入しましょう。

 

保険金はさすがに70歳男性となると、

病気の確率が高くなるので、高額になります。

 

たとえば「東京海上日動あんしん保険」では、入院給付金が日額1万円で、

保険期間が「終身」の場合には、70歳男性は月に1万2210円です。

 

女性の70歳はすこし安くなって1万1000円です。これだけ支払って、

 

いつ入院するかわからない不安に備えるかどうかはその人の

考え方ですが、私は心臓の手術で入院しときに40数万がかかりましたが、

 

保険の入院給付と健康保険からの高額医療費の補てんを 合わせると、病院に支払ったお金よりも多くなりました。

 

すなわち、結果的にいえば、入院してお金がたまったということです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

もし、保険がまだである、という人はあきらめないで加入しましょう

この入院給付金のほけんは70歳加入の商品の種類が10種以上あります。

79歳でも6種類くらいあり、81歳からは無いようです。

 

また、「死亡保障」付きの生命保険に加入していた人が、子育てを終えて、

生活費がさしてかからなくなったときは、保障の内容を変えることもできます。

 

たとえば、アフラックでは「医療保障」、「介護年金」、「年金」などにして、

老後の生活の安定を担保することも可能です。

 

このように、生命保険はその年齢や健康度に応じてさまざまな変更が

できますので、知っておいたほうがよいでしょう。

 

「どんな保険だったかな。支払っているが・・・」といういうような

無関心ではせっかくの保険を十分に生かせませんので、ご注意ください。

 

 

引用文献

61才から始める 老いても枯れない生き方

著者 日向野 利治

77歳やっさんブログを

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 



Follow me!

タイトルとURLをコピーしました