生活習慣の変化で、玄米食指導者は口を閉じています、何故でしょう

見本市ブログです。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

なぜガンになるのか解らないのです。

 

玄米食実践者が、次々にガンで死んでいるのをご存知でしょうか?

なぜ、玄米食実践者が、次々にガンで死んでいるのでしょうか?

 

そのことに対して、玄米食指導者達は口を閉じています。

 

なぜ、ガンになるのか解らないのです。玄米食が悪いのではありません。

 

怪我をした時、玄米食を実行すれば治るでしょうか?

風邪を引いたとき、玄米食を実行すれば治るでしょうか?

 

しかし現実的には、多くの玄米食実践者達が、無意識で玄米食さえ
実践すればガンが治ると信じ込んでいるのです。

 

完全なる盲信者です。食事の事しか勉強していません。

勉強と言っても、他人が言った言葉を鵜吞みにして、そのまま
自分の頭の中にコピーしているだけで、単なるコピー人間であります。

 

1日も早く、盲信から目覚めてください。1日も早く、その事に気付いてください。

 

ガンなど、病気の治療方法には2つの治療方方法があります。
「食事療法」と「運動療法」です。

 

「食事療法」は、食事内容を変えることで病気の治療を行う治療方法です。
「運動療法」は、運動を行う事で病気の治療を行う治療方法です。

 

ところが、「食事療法」を勉強している人達は、食事内容を変えるだけで
病気が治ると信じている人が多く、

 

「運動療法」を勉強している人達は、運動をするだけで病気が治ると
信じている人が多いのです。

 

 

スケジュール



 

 

確かに、以前には「食事療法」だけで病気が治った人が多かったようですし、
「運動療法」だけで病気が治った人が多かったようです。

 

でも時代の流れと共に、生活習慣が大きく変わりました。
電気製品の普及や交通網の発達に伴い、人間は体を動かさなくなりました。

 

掃除や洗濯は、指先を動かすだけです。トイレも、和式から洋式に変わり、
腰を落として低くしゃがむ事がなくなりました。

 

農作業も、昔と大きく変わり、手作業が少なくなってしまい、
機械ばかりが動いています。一つ一つ考えて見ると、
驚くばかりの変わりようです。

 

食事内容も大きく変化しました。昔の料理は、煮る・焼くが中心でしたが、
現在は、油で炒める・油で揚げるが中心で、油を使う料理が多くなっています。

 

高カロリーの食事を食べて、体を動かさないのですから、太るのが当たり前です。

 

生活習慣の変化に伴い、以前と同じ治療方法では、病気が治らなくなったのです。

 

玄米食にすれば、新しく造られる血液はキレイになります。
でも、既にできてしまったガン細胞を消去する役割は、脳幹です。

 

他人が言った言葉を鵜吞みにして、ただ単に玄米食を実践すれば
ガンが治ると思っている人は、単なる盲信者です。

 

盲信とは、大変に恐ろしい事です。盲信だけではなく、
次には、道聴塗説人になっていくのです。

 

道聴塗説とは、他人の話を聞いて、真偽も確かめずそのまま鵜吞みにして、
その聞いた話をそのまま他人に話す事、他人の受け売りをする事。

 

世の中には、コピー人間のような道聴塗説人が大勢いて、
無責任な評論を繰り返しています。

 

冷静に、考えて判断すれば解るはずです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました