生活習慣病で、ガン細胞の完全消滅は難しい事ではない筈です。

見本市ブログです。

出展者を応援しています。

今回は

株式会社 オカヤマをご紹介いたします。

株式会社 オカヤマはこの展示会に4日間出展されました。

脳幹トレーニング研究所で

脳幹トレーニングの方法を教えてくださいました。

 

 

スポンサーリンク



 

ガン細胞の完全消滅は、難しいとではない筈です。

 

ガン細胞を完全に消去する為には、動物本来の動きをする事です。
体を動かす事です。野生の動物の動きに、学ぶべきです。

 

体を動かす事の多い人は、ヨガ・座禅など<スローな動き>や
<体を動かさない>という真反対の事を行う事が、動と静の調和です。

 

体を動かす事の少ない人は、ヨガ・座禅ではなく、体を動か事が重要なのです。

 

冷静に考えれば、解るのではないでしょうか。

 

45年間勉強した結論として私は、ガンは難しい病気ではなく、
単純な病気であると感じるのです。ガンは生活習慣病の一つです。

 

「何故、生活習慣病と呼ばれるのか?」それは自分の
生活習慣の中に原因があって起きた病気であるという事です。

 

だから、自分の生活習慣を振り返り、その問題となっている生活習慣を
元に戻せば、ガンは簡単に直る筈ですし、実際に直っているのです。

 

ただ、全ての人が、同じ方法で直るかといえば、一概には言えません。

 

それぞれ顔が違うように、それぞれ体質も違うのです。
だから、人によって多少の違いはあります。

 

しかし3本柱と呼ばれる条件をクリアさせれば、
確実に良くなると確信しています。

 

 

スポンサーリンク



 

3本柱が大事

 

【脳幹機能の回復】【腸内環境の改善】【微量元素の補給】
この3本柱を考えずに、ただ単に玄米食だけを実行しても無駄です。

 

新たなガン細胞を作らない為には、肉・卵・魚・貝・牛乳など
動物性食品を止めることです。

 

既にできてしまったガン細胞を消去する為には、
低下した脳幹機能を回復させることです。

 

この事を冷静になって考えれば、分かるのではないでしょうか。

 

玄米食を実行しながらガンで死に逝く人が増え続けている
最大の原因は、脳幹機能の事を知らないからです。

 

20年以上前なら、今のような生活習慣ではなかったので、
今ほ脳幹機能が衰えていませんでした。

 

文明の発達は、確実に人間の体に備わったあらゆる機能を
衰えさせています。人間は、動物です。

 

動物とは、動く物と書くように、動物の体に備わっている機能は、
体を動かすことによって機能が働く仕組みになっているのです。

 

使わない機能は退化しますので、動かない人の脳幹機能は衰えて、
免疫力が低下するのは、当然の結果だと思います。

 

電化製品が普及する以前は、掃除や洗濯は、ホウキやハタキ・洗濯板などを使って、
体を動かしていたのです。今は指先でスイチッチを押すだけです。

 

買い物に行くにも、歩くのではなく、車で行くようになっています。
電車に乗る場合、駅の階段を歩く人はいなくなりました。

 

だからガンを治す為に、同じように玄米食を実行しても、
脳幹機能が70~80%働いている人と、脳幹機能が30~40%しか
働かない人では、表れる結果が全く違ってくるのです。

 

 

スポンサーリンク

 



 

 

 

引用文献

・惚れ惚れウンコの素製造販売
・体幹トレーニング用NKクッション製造販売

株式会社オカヤマ
脳幹トレーニング研究所

代表取締役社長 岡田 恭一 著書

詳しくはこちら

 

見本市ブログを
最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました